夜不眠症および Biphasic スリープの状態であることの中間

Liji トマス著、 MD

不眠症は始まるか、または維持のスリープに難しさからのよいスリープ品質の経験なにいろいろな徴候を、含めます。 最も頻繁に報告されたタイプの不眠症の 1 つは ` 中間の夜」 (MOTN) レナードの朝です。

MOTN の患者に普通問題が落ちることをないし少数の時間後に覚醒し、そして寢ることは難しいと思います。 これによりスリープに再び落下、およびの予想された難しさのために夜に切れていないスリープを楽しめません結局目覚めることの恐れを引き起こすかもしれません。 ほとんど人口の五番目にこの徴候があります。

MOTN のレナードの朝はより頻繁により古い女性の女性に、特に発生します。 それらはまた煙り、失業し、中流階級の家計収入を持ち、他の病気の状態を持ちがちです。

覚醒する MOTN の理由

MOTN の不眠症に貢献する要因は下記のものを含んでいます:

  • 貧乏人のスリープ衛生学
  • 騒々しくか落ち着きがないパートナーとスリープの状態であること
  • 尿を無効にする必要性を示す完全なぼうこう
  • 寢ている間テレビか音楽プレーヤーを保つことのような騒々しいですか妨害の環境
  • 就寝時間の前の練習かカフェイン

覚醒する MOTN が起これば、人は普通スリープの少数の時間を過しました。 従って、スリープの次の一続きは 1 時間か 2 遅れるかもしれません。

もう一つの理由は特に誰か他の人が覚醒していれば患者を責任にすることなら、情緒障害です。

処置のアプローチ

  • 認識行動療法

認識行動療法は (CBT) MOTN のずっとレナードの朝の処理の手段として非常に効果的です。 それはまたよい残りの変更との効果で療法が終わった後、延長されます。

ただし、 CBT のためのトレインされた人員を、およびセラピーセッションの費用得る難しさのために、それは頻繁に患者に使用できるそうなったものではないです。 従って、第一線の処置は薬物の形にあります。

スリープ制限は MOTN の不眠症の深く有用な結果があるために一貫して示されていた CBT のもう一つのコンポーネントです。 患者はによってベッドにある時間と比べてスリープの状態であることを使うか彼らの時間のどの位丁度調べるためにスリープ日記を維持しなければなりません。 これが確認されれば、ベッドの時間は実際のスリープ時間よりほんの少しだけ多くに削減されます。 1 つが再度眠く感じるまで寢ておよび静かな作業を追求するためにスリープと関連付けられない別の部屋に行ってよりもむしろ目がさめている保つことを試みることのような他の作戦はまた、推薦されます。

  • 薬物

最も広く使われたスリープ誘導の薬剤は zolpidem のようなベンゾジアゼピンまたは GABA アゴニストです。 それらは頻繁に短い半減期のために選択されますが、事実は短い機能の薬剤が MOTN のレナードの朝の患者のための重要な安全問題を提起する残りの sedation を作り出すことです。 点爆時間、調整に遅らせれば、メモリ問題は運転の自動車両に関連して、特に生きている方法患者の大きく否定的な影響が翌朝あることができます。 従って、これらの薬物は MOTN の不眠症を取扱う理想的な方法にはほど遠いです。

第 1 及び第 2 スリープ

スリープを見る別の方法は今論議されています。 ロジャー Ekirch 著名な歴史家は社会学的な、歴史的地面で人間のスリープパターンが 1 つの夜のブロックに常に強化されなかったこと、ように今日期待される仮定しました。 その代り、典型的な産業革命前以前の社会は世界中病理学と考慮されなかった第 1 及び第 2 呼出されたスリープの 2 つのブロックがスリープありました。

その代り、 2 間の 1-2 時間のギャップは静かな反射、祈り、大きな努力を必要としなかった、また更に性的関係で使われました種類の手細工で。 最初のスリープは約真夜中まで第 2 スリープは夜明けまで持続したが、通常ありました。 このパターンは軽いピリオドの季節的な変更によってひどく影響され、再度自然な、生物的起源を提案します。 電気および人工光の導入はより少なく全面的なスリープの約より遅いスリープ手始めを持って来スリープ割り込みが異常であると考慮するために責任があるかもしれません。

再度、 10 時間だけ日露光量の短期間の採用は、 1 から 3 時間までに分かれていた 2 つの不連続エピソードに、スリープパターンの約変更を持って来ました。 Melatonin の分泌および sleepiness はまた光周期の変更に応じて延長されるようになりました。

この知識は何人かの科学者を不眠症の印として覚醒する MOTN の重大さを軽視するために導きました。 このタイプのスリープを持つ個人は 30 分または 1 時間の午後昼寝または仮眠とのより短い間隔のためにスリープの状態であることから彼らの夜スリープを過度に遅らせるか、または短くしないで、無限に寄与するかもしれません。 もう一つの方法は有用な職業のための静かなピリオドとしてギャップを安らかな睡眠の別のピリオドに先行しているために受け入れることです。

Susha Cheriyedath 著見直される、 MSc

参照

  1. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3630934/
  2. https://www.mja.com.au/journal/2013/199/8/insomnia-prevalence-consequences-and-effective-treatment
  3. http://www.history.vt.edu/Ekirch/sleep_39_03_715.pdf
  4. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10607034

[深い読み: 不眠症]

Last Updated: Apr 20, 2017

Advertisement

Comments

  1. Karen Willoughby Karen Willoughby United States says:

    Sleep apnea causes this exact kind of sleep disorder.  Most MD's don't know it because they're ignorant of many symptoms. They think only overweight people with high blood pressure get sleep apnea.  But that's not true at all. Many women develop some form of sleep apnea after menopause.  The apnea repetitively awakens your brain, whereby you eventually wake up and can't get back to sleep.  I've experienced it for years before an NP finally figured out I might have a sleep breathing disorder and referred me for a sleep study. I told her my REM sleep was very fragmented with vivid dreams.  I have sleep apnea that causes chronic insomnia and have been using cpap machine.  It's not easy for me but helps somewhat.  Right now I'm trying an oral appliance from a sleep dentist clinic and it's helped somewhat but needs adjustment to further open my airway I think.

The opinions expressed here are the views of the writer and do not necessarily reflect the views and opinions of News-Medical.Net.
Post a new comment
Post