Advertisement

精神分裂症

スーザン Chow 著、 PhD、 ELS

精神分裂症は一般群衆に世界を別様に考え、感じ、感知します人々が慢性の精神衛生の無秩序です。 それは幻覚または錯覚の精神病のエピソードによって、通常特徴付けられます。

全面的な寿命の流行は世界的なある調査の要求がそれ 0.4% の大いにより低い報告のレートであるがおよそ 1% であるために推定されます。 精神分裂症の人々に他の健康状態および自殺の高められた危険による死亡率の高いリスクがあります。

精神分裂症は通常十代か若い大人年に示し、女性および男性に均等に影響を与えます。 対処することは困難であるために診断に続く最初の年の間共通ですが相対的な安定性は通常この時間後に達されます。 ただし、ほとんどの患者は前病気の州に決して戻りません。

Reeve
St. エリザベスの病院。 患者、痴呆の precox [praecox か。] の妨げられた箱がなす区の退去 1. の再生の部屋の壁; 壁、赤レンガ色のペンキの被膜に重ねられるもみ革カラー上のペンキの被膜からのペンキをスクラッチするのに使用されるピンか指の爪。 映像は生命を過ぎたイベントの入院患者を象徴し、精神回帰の穏やかな状態を表します。 日付がなく、しかし本当らしい 20 世紀初頭。

徴候

精神分裂症の人々は肯定的で、否定的な、認識および気分の徴候として広く分類することができる徴候の範囲を経験するかもしれません。

  • 肯定的な徴候は幻覚および錯覚のような精神病の印を含んでいます。 スピーチの無秩序および動作はまた肯定的な徴候の印です。
  • 否定的な徴候は目的の方の減らされた感情、スピーチ、興味および駆動機構を含んでいます。
  • 認識徴候は関係に構成のメモリおよび注意欠陥、欠乏および難しさ含めます。
  • 気分の徴候は変えられた感情を含み、頻繁に不況を含みます。

危険率

精神分裂症の危険性を高めるために知られている特定の遺伝子がないが頻繁にグループで動作し、遺伝リンクがあることを考えます。 精神分裂症の兄弟を持つ人々は本当らしく影響されるためにこの危険は同じ遺伝子を持つ一卵性双生児で過大視されます。

さらに、生れの複雑化に応じて、低い生れ重量および前ターム生れのようなあった人々は精神分裂症に苦しむためにが、本当らしいです。 これは精神分裂症のより遅い影響の頭脳プロセスそして危険現時点で頭脳の形成の変更が原因であると考えられます。

さらに、頭脳の構造は精神分裂症の人々のわずかな微分があるためにありました。 特定のノートの、ドーパミンおよびグルタミン酸塩のような頭脳のメッセージを伝えるために責任がある神経伝達物質はプロセスにかかわると考えられます。 頭脳の構造そして機能に影響を与えると知られている薬物乱用はまた条件と関連付けられました。

条件を誘発する特に緊張に満ちた状態に直面されたときある個人がより本当らしい特定の危険率および最初の精神病のエピソードの結果による精神分裂症によって影響されるためにようです。

医学管理

精神分裂症の人々のための第一線の処置は抗精神病性の薬物です。 このクラスに複数の異なった薬剤があり、個々の選択は特定の患者に従って選ばれるかもしれません。

通常同じクラスの代わりのオプションの明白におよびなるために完全な効果効果がこの時間後に十分でなければ、薬物のための数週間撤回され、代わりになるべきですかかります。

それは患者のために共通他の精神健康状態を、不況のような経験するためにであり薬物がこれらの徴候をまた改善するように要求するかもしれません。 この場合、選択することは互いに干渉しない、または線量をです薬物をそれに応じて調節することは重要。

精神療法

pharmacotherapy に加えて、患者に条件にかかわる圧力を取扱い、それに続く精神病のエピソードを避けるためにそれらを助ける強力な支持ネットワークがあることは必要です。

認識動作療法は特定の心理的な問題に焦点を合わせる含み、個人にで重点を置きま一連のセラピーセッションをそれらを克服するために行動の作戦に直面し、開発します。 これは患者のためのかなりの利点を提供し、 pharmacotherapy に加えて常に提供されるべきです。

個々のセラピーセッションに加えて、グループの介在は精神分裂症の患者のための著しい利点を提供できます。  個人のサポートネットワークはそれらが圧力に対処するのを助けて重要でありこれは患者の家族そして介護者の課税である場合もあります。 グループの介在は患者管理にかかわる含み、個々のそれぞれが状態に対処するのを助けることを向けます皆を。

参照

[深い読み: 精神分裂症]

Last Updated: Aug 24, 2015

Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski
Comments
The opinions expressed here are the views of the writer and do not necessarily reflect the views and opinions of News-Medical.Net.
Post a new comment
Post