蟹座は何ですか。

先生によって Ananya Mandal、 MD

蟹座は参照します多くの異なった体の部位に起きることができる百の病気より多くのグループをあります。

ただし、次の機能はすべてのタイプの癌に共通です:

  • 異常なセル成長
  • 他のティッシュに侵入する容量
  • 血管かリンパチャネル (転移) で遠い器官に広がる容量

癌が未処理に残っていれば、ティッシュに侵入でき、ボディを通って広がり、そして死に結局導きます。

単一の乳癌のセルの電子顕微鏡写真。
単一の乳癌のセルの電子顕微鏡写真。

癌はどのように発生しますか。

ボディは通常整頓されていた方法で育ち、分かれ、そして停止するセルの兆から成っています。 このプロセスは堅くセル内の DNA の機械装置によって制御されるです。 人が成長し、育つとき、セルは成長を可能にするために急速に分かれます成年期が達されれば使い古したか停止のセルを取り替えるか、または傷害を修理するためにだけ、セルは主に分かれます。

蟹座は特定のサイトのセルが制御から育ち始めるとき発生します。 停止してよりもむしろ、それらは新しく、異常なセルを育て、形作り続けます。 これらの異常なセルはまた他のティッシュ、正常なセルが所有していない特性に侵入できます。

癌の分子病理学

癌細胞は細胞核内の DNA (デオキシリボ核酸) が傷つけられるか、または変異されるようになった正常なセルから起きます。

DNA はセルの機能、成長、死および蛋白質の統合のための命令を運ぶあらゆるセルに含まれている 「青写真」です。 この DNA が傷つかれるようになるとき、セルは通常損傷を修理するか、または停止します。

ただし、癌細胞で、傷つけられた DNA は修理されないし、どちらも停止するためにセルをしません。 その代り、それはもっとたくさんの異常なセルをもたらしますそのすべてが元の癌細胞と同じ不完全な DNA を含んでいる。

DNA の損傷は受継がれるかもしれませんか、または人の人生にいずれかの時点で自発的に発生するかもしれません。 DNA の損傷はタバコの煙の出席者のようなある特定の毒素への露出によって例えば誘発することができます。 あります、しかし、癌を引き起こすことができるおよびそれは頻繁に厳密な原因を正確に示して困難です多重要因。

腫瘍

癌細胞が増殖すると同時に、結局腫瘍を形作ります。 すべての腫瘍が広がる癌性そしてことができません。 広がることができるそれらは悪性腫瘍と言われます。 良性腫瘍は、一方では、周囲器官およびティッシュで押すべき大型および開始になってもいいが、他の器官を侵入しませんし、他の体の部位に広がりません。

だれが癌をおよびどのように公有地です癌得ますか。

だれが癌と住んでいるか、または癌を経験したか世界的に何百万の人々があります。 推定値はすべてのアメリカの人の半分およびすべてのアメリカの女性の 3 分の 1 のまわりで彼女達の一生の間に癌を開発することを提案します。 健全な生活様式の要因は規則的な身体活動を取り、健康食および体重を維持し、タバコ煙への露出のような知られていた危険率を避け、そしてたいそう日光浴をすることのような癌の危険を減らすのを助けるために採用することができます。

乳癌および結腸癌のようなある共通癌のために、有効なスクリーンテストは病気のできるだけ前もって検出を助けて使用できます。 従って早い診断および処置の開始は頻繁に抗癌性療法および回復へのよい応答のチャンスを改善します。

サリー Robertson 著見直される、 BSc

ソース

  1. http://www.cancer.gov/cancertopics/cancerlibrary/what-is-cancer
  2. http://www.cancer.org/cancer/cancerbasics/what-is-cancer
  3. http://kidshealth.org/kid/cancer_center/cancer_basics/cancer.html
  4. http://www.cpaaindia.org/infocentre/acs/eng/WhatisCancer.pdf
  5. http://learn.genetics.utah.edu/content/health/history/cancer/
  6. http://web.udl.es/usuaris/e4650869/docencia/segoncicle/genclin98/recursos_classe_(pdf)/revisionsPDF/Cancer.pdf

[深い読み: 蟹座]

Last Updated: Jul 27, 2014

Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski
Comments
The opinions expressed here are the views of the writer and do not necessarily reflect the views and opinions of News-Medical.Net.
Post a new comment
Post