ドーパミンは何ですか。

先生によって Ananya Mandal、 MD

ドーパミンは神経伝達物質です。 頭脳および他の重要地域のシグナルの伝達で助けるのは化学メッセンジャーです。 ドーパミンは脊椎動物および無脊椎動物両方を含む人間、また動物に、あります。

ドーパミンの歴史

ドーパミンはジョージ Barger およびロンドン、イギリスの Wellcome の実験室のジェームス Ewens によって 1910 年に最初に総合されました。

1958 年に、 Arvid Carlsson およびスウェーデンの各国用の中心の協会の化学薬理学のための実験室の Nils-Åke Hillarp は、神経伝達物質として、ドーパミンの機能を検出しました。 Arvid Carlsson は生理学の 2000 年のノーベル賞か、ドーパミンがノルアドレナリンのちょうど前駆物質およびアドレナリンしかし神経伝達物質ではないことをまた示すための薬与えられました。

ドーパミンの生産

ドーパミンは substantia の nigra および腹部の tegmental 領域を含む頭脳の複数の領域で、作り出されます。 視床下部によって解放されるのは neurohormone です。 その処置は pituitary の前方の丸い突出部からの抑制剤またはプロラクチンリリースのホルモンとしてあります。

ドーパミン
頭脳内の離散ローカリゼーションを用いる神経伝達物質。 A) monoamine 神経伝達物質のドーパミンの化学構造および人間およびラットの頭脳のドーパミン含んでいるニューロンおよび軸索をドーパミン含んでいてサイトのローカリゼーションの略図はあります。 B) monoamine 神経伝達物質のセロトニンの化学構造および同じような頭脳はセロトニン含んでいるセルおよび軸索の位置を示すことをマップします。

ドーパミンの受容器

ドーパミンはそれのために特定である受容器で機能します。 哺乳類のドーパミンの受容器の 5 つのサブタイプは 2 つのクラスにグループ化されます。

  • D1 そっくりの受容器のクラス - これは D1 および D5 受容器のサブタイプで構成します
  • D2 そっくりの受容器のクラス - これは D2、 D3 および D4 受容器のサブタイプで構成します

これらの受容器は同じような信号を送る特性を備えています。 しかしそれらにサブタイプおよびクラスを定める異なったシグナルの transduction のパスがあります。

本質的に仲介される相互作用および GTP 結合 (GPCRs)蛋白質 (G 蛋白質) のアクティブ化によって信号を送っているドーパミンの受容器すべては G によって蛋白質つながれる受容器です。 この superfamily のメンバーはまた 7 回細胞膜を横断するので 7 transmembrane の受容器と問い合わせられます。 彼らはまた膜を渡って前後に巻く方法のようなヘビのために蛇行した受容器と呼出されます。

ドーパミンの処置

ドーパミンはまた薬物として使用されます。 それは交感神経系で機能します。 ドーパミンのアプリケーションは高められた心拍数および血圧の原因となります。

ドーパミンは血頭脳の障壁を交差できません従って薬剤として与えられるドーパミンは直接中枢神経系に影響を与えません。

ドーパミンはある脳疾患でまた必要とされます。 これはパーキンソン病およびドーパ敏感なジストニーのような病気を含んでいます。 これらの患者のために levodopa は使用されます。 これはドーパミンの前駆物質です。 それは血頭脳の障壁を交差できます。

4 月 Cashin-Garbutt 著見直される、 BA Hons (Cantab)

ソース

  1.  http://pharmrev.aspetjournals.org/content/63/1/182.full.pdf
  2. http://128.196.98.170/pubs/Dopamine-HBTNN2e-preprint.pdf
  3. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/mds.22020/abstract
  4. http://home.comcast.net/~k.neve/JRST.pdf
  5. http://edrv.endojournals.org/content/6/4/564.abstract

深い読み

Last Updated: Jul 18, 2013

Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski
Comments
The opinions expressed here are the views of the writer and do not necessarily reflect the views and opinions of News-Medical.Net.
Post a new comment
Post