Eczema は何ですか。

先生によって Ananya Mandal、 MD

Eczema かアトピー eczema は慢性の発火および頻繁な再発によって特徴付けられる皮膚の病気です。 通常肘のまたは膝の後ろのフォールドのような皮の折目を含む影響を受けた領域上の itchy 赤い発疹があります。

公有地はどのように eczema ですか。

アトピー eczema は共通であり、条件の流行は増加しています。 Eczema は学童の 15-20% および大人の 2-10% に影響を与えます。 ケース (ほぼ 80%) のほとんどは 5 年齢以内です。 条件に苦しむ親を持つ子供は本当らしいです条件を得るために。

危険は何誘発の要因であり、か。

共通の誘発の要因は環境の刺激剤およびアレルゲンです。 これらの刺激剤は石鹸であることができ、洗剤、ある特定の金属 (ニッケル) のような接触のアレルゲンは、家の塵のダニ、花粉、ペット dander のようなアレルゲンを吸い込み、等を形成します。

危険率は下記のものを含んでいます:

  • eczema を悪化させるかもしれない黄色ブドウ球菌との伝染の皮を剥いで下さい
  • 温度および湿気の極端 (通常冬により悪い)
  • 高められた発汗
  • 堅く、研摩ファブリックの使用はウールを好みます
  • 食事療法の要因

食物アレルギーは食糧に前に反応してしまったアトピー eczema の子供で疑われるべきです。 ある特定の内部要因はまた eczema を誘発するかもしれません。 これらは含んでいます圧力およびホルモンの変化 (妊娠等の間の女性のピリオドの直前の例えば燃え上がりおよび悪化) を

eczema の徴候

そこに赤みとむずむずさせる、乾燥か、罰金のスケールまたははげています。 重大度はその厳しく無情なむずむずさせ、スクラッチに治療を葉皮の未加工および泣く分泌必要としない穏やかな苛立ちから及びます。

繰り返されたエピソードは皮を厚くされ、外皮で包まれて去るかもしれません。 eczema のこのより厳しい形式はアトピー性皮膚炎と呼出されます。 アトピー性皮膚炎は通常幼年期か早い成年期で最初に現われました。

eczema の診断

診断は皮上の損害を前に検査し、徒弟の親類間のそして個人の同じような条件の歴史を見ることによって作ることができます。 他の問題はアレルギー、食物アレルギー、喘息等をです eczema に苦しんでいる個人で共通好みます。

eczema の処置

穏やかな eczema は時々処置を必要としません。 皮は十分に水和する必要があります。 一部は救助のための領域上の数回を適用される 1% のヒドロコーチゾン一日が付いているステロイドのクリームを必要とするかもしれません。

より厳しい eczema はより扱いにくい場合もあります。 抗ヒスタミンおよびステロイドのような薬はむずむずさせることからの救助を提供するかもしれませんクリーム状になります。 抗ヒスタミンの丸薬は通常厳しい eczema のむずむずを防ぐことができます。 ただし、これらによりまた副作用として眠気を引き起こすかもしれません。 ある抗ヒスタミンは眠気を引き起してはいけないこと使用できます。 ステロイドは医学の監督の下でだけ使用されるべきです。 これらは頻繁に深刻な複雑化がステロイドの薬物の過剰使用から成長できると同時に推薦されるより使用されるべきではないです。

発生を防ぐ他の手段は皮の水のより少ない量を使用して部屋で加湿器を使用することによって防ぐ皮がなるぬれている度に維持の十分な湿気が、等を乾燥することを、皮からの水の蒸発乾燥します皮をさらに含まれています。 導きます非常に熱湯は皮のまた乾燥にそれとして避けるべきです。 クリームかローションを保湿する頻繁な使用は推薦されます。

4 月 Cashin-Garbutt 著見直される、 BA Hons (Cantab)

ソース

  1. http://www.patient.co.uk/doctor/Atopic-Dermatitis-and-Eczema.htm
  2. http://www.nhs.uk/Conditions/eczema-(atopic)/Pages/Introduction.aspx
  3. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK49365/
  4. http://www.nice.org.uk/nicemedia/pdf/CG057FullGuideline.pdf
  5. http://www.cumc.columbia.edu/student/health/pdf/E-H/Eczema.pdf
  6. http://www.adhb.govt.nz/starshipclinicalguidelines/_Documents/Eczema.pdf
  7. http://www.brown.edu/Student_Services/Health_Services/docs/Eczema.pdf

深い読み

Last Updated: Feb 5, 2014

Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski
Comments
  1. Tiamo Brandy Tiamo Brandy cm says:

    does fungi infecton result to allergen reaction? how are the allergens like?

  2. charlie penny charlie penny Turkey says:

    I had mild eczema and then, my baby had. She was suffering from diaper dermatitis and eczema on her arms. I use blue coresatin and for my baby, pink coresatin is the best. I choose that creams because they are cortisone free. cortisone is never good for your health. Give it a try.

  3. A T A T United States says:

    I finally found a cure by realizing that Eczema is a reaction to certain foods or chemicals. I’ve had eczema for as long as I could remember and it wasn’t until recently that I figured out NIGHTSHADES foods (peppers, eggplant, tomatoes…) were the source of my skin irritations. Since then, I've been eczema-free.

    Start by eliminating certain foods after a rash occurs so that you can figure out what to avoid. I wish a doctor had told me that simple truth a long time ago, but then again, most are in the business of making money, not giving permanent cures.

    A lot, if not all things can be healed naturally. To cure it, it’s not about putting ointments or shea butter on it, those only mask the symptoms- with eczema, it’s simply about eliminating substances you react to.

The opinions expressed here are the views of the writer and do not necessarily reflect the views and opinions of News-Medical.Net.
Post a new comment
Post