酸化圧力は何ですか。

先生によって Ananya Mandal、 MD

酸化圧力は本質的に遊離基の生産と酸化防止剤によって中和によって悪影響を妨害するか、または解毒するボディの機能間の不均衡です。

遊離基は何ですか。

遊離基は 1つ以上の無対の電子があるそれを他の分子と非常に反応にする分子を含んでいる酸素です。

酸素の副産物は比較的 unreactive ですしかしこれらのいくつかはこれらの非常に反応オキシダントをもたらすために生物系内の新陳代謝を経ることができます。 すべての反応酸素種がボディに有害ではないです。 そのうちのいくつかは殺害の侵入の病原体か微生物に有用です。

ただし、遊離基は DNA、蛋白質または脂質のようなセルコンポーネントと化学的に相互に作用し、安定されるようになるために電子を盗むことができます。 従ってこれは、それから、別の分子からの電子を追求し、盗む遊離基の反作用の大きい鎖を誘発するセル構成の分子を、不安定にします。

酸化防止剤は何ですか。

機能を行うのに酵素および酸素を利用するあらゆるセルはセルへの重大な損傷を引き起こす潜在性がある酸素の遊離基の反作用 -- にさらされます。 酸化防止剤は遊離基へ電子を寄付することによって不安定にされるように彼ら自身ならないでこれらの反作用を防ぐセルで現在の分子です。 オキシダントと酸化防止剤間の不均衡は酸化圧力の根本的な基礎です。

傷つけられる酸化圧力によりによって引き起こされて

酸化圧力はボディの多くの病態生理学的な条件の原因となります。 これらのいくつかはパーキンソン病のような neurodegenerative 病気をおよびアルツハイマー病、遺伝子の突然変異および癌、慢性の疲労シンドローム、壊れやすい X シンドローム、中心および血管の無秩序、アテローム性動脈硬化、心不全、心臓発作および炎症性病気含んでいます。

オキシダント

記述

•O2- のスーパーオキシドの陰イオン

多くの自動酸化の反作用でそして電子輸送鎖によって形作られる O2 の 1 電子減少の状態。 幾分 unreactive しかし鉄硫黄の蛋白質および ferritin から Fe2+ を解放できます。 dismutation を自発的にまたは酵素の触媒作用によって H2O2 を形作るために経、金属触媒作用を及ぼされるのための前駆物質です •オハイオ州の形成。

H2O2 の過酸化水素

dismutation によっての形作られる 2 電子減少の国家 •O2 の直接減少による O2- または。 溶ける脂質およびこうして膜を渡って拡散することできる。

•オハイオ州の水酸ラジカル

peroxynitrite の Fenton の反作用そして分解によって形作られる 3 電子減少の国家。 非常に反応、ほとんどの細胞コンポーネントを攻撃します

ROOH の有機性ヒドロペルオキシド

脂質および nucleobases のような細胞コンポーネントとの根本的な反作用によって形作られる。

RO•、 alkoxy および ROO•、過酸化基

酸素によって集中させる有機性基。 脂質形式は脂質の過酸化反応の反作用に加わります。 二重結合か水素の抽象的概念にラジカル付加によって酸素の前で作り出される。

HOCl の次亜塩素酸

myeloperoxidase によって H2O2 から形作られる。 溶け、非常に反応脂質。 容易にチオールグループ、アミノグループおよびメチオニンを含む蛋白質の要素を、酸化させます。

ONOO- の peroxynitrite

急速な反作用でその間形作られる •O2- およびいいえ•。 次亜塩素酸と反応で溶け、同じような脂質。 Protonation は水酸ラジカルおよび二酸化窒素を形作るために homolytic 開裂を経ることができる peroxynitrous 酸を形作ります。

サリー Robertson 著見直される、 BSc

ソース

  1. http://web.mst.edu/~nercal/documents/chem464/lectures/lec01_freeradicals.pdf
  2. http://www.med.or.jp/english/pdf/2002_07/271_276.pdf
  3. http://www.jmas.in/2ndissue/JMAS%202nd%20issue%20PDF%20for%20Print/Free%20radicals,%20oxidative%20stress%20and%20importance%20of%20antioxidants%20in%20human%20health.pdf
  4. http://www.frag-chile.cl/documentos/H_Sies_Free_Radical_School_Chile-2009.pdf
[深い読み: 酸化圧力]
Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski
Comments
The opinions expressed here are the views of the writer and do not necessarily reflect the views and opinions of News-Medical.Net.
Post a new comment
Post