放射線学は何ですか。

放射線学は病気を診断し、扱うことに X 線および放射のような画像技術の調査そしてアプリケーションを取扱う薬の枝または専門です。

放射線技師は病気を診断するか、または扱うために画像技術のアレイを (超音波、 (CT)コンピュータ断層撮影、核薬、 (PET)ポジトロン断層法および (MRI)磁気共鳴イメージ投射のような) 指示します。 Interventional 放射線学は (通常最小限に侵略的) 画像技術の指導の医療処置のパフォーマンスです。 医用画像処理の獲得は通常レントゲン写真技術者か診療放射線技師によって遂行されます。

次のイメージ投射様相は診断放射線学のフィールドで使用されます:

投射の (明白な) レントゲン写真術

X 線の発見者、ウィルヘルムコンラッド Röntgen の名にちなんで名付けられるレントゲン写真 (か Roentgenographs 捕獲装置への患者を通した X 線の伝達によって) 作り出されましたりそして診断のための画像に変換されます。 オリジナルはまだ共通イメージ投射銀によって浸透させるフィルムを作り出し。 フィルム - スクリーンのレントゲン写真術は X 線管患者目指す X 線のビームを生成します。 患者を通る X 線は分散を減らし、堅く保持されるライト堅いカセットの発光蛍光体のスクリーンに未開発のフィルムを言い触らし、次に打つためにフィルタに掛けます。 フィルムはそれから化学的に開発され、画像はフィルムで現われます。 ここでフィルムスクリーンのレントゲン写真術を取り替えることはデジタルレントゲン写真術、 X 線がデジタル情報および画像にコンピュータ画面で生成されるシグナルを変換するセンサーの版を打つ DR です。

明白なレントゲン写真術は放射線学の最初の 50 年の間に使用できる唯一のイメージ投射様相でした。 それは今でも広いアベイラビリティ、速度および相対的な低価格のために肺、中心および骨組の評価で発注される最初の調査です。

Fluoroscopy

Fluoroscopy および血管記録法はけい光板および画像の増強管が閉回路テレビジョンシステムに接続される X 線イメージ投射の特別なアプリケーションです。 これは構造のリアルタイムイメージ投射を動きのまたは増加される radiocontrast のエージェントと可能にします。 Radiocontrast のエージェントは患者のボディに、血管の解剖学のおよび作用、性尿器システムまたは消化器輪郭を描くために管理されますか、頻繁に飲み込まれるか、または注入されます。 2 つの radiocontrasts は現在使用中です。 バリウムは GI 地域4の評価のために (BaSO として) 口頭でまたは直腸に与えられるかもしれません。 ヨウ素は、多重専有形式で口頭、直腸、 intraarterial または intravenous のルートによって、与えられるかもしれません。 これらの radiocontrast のエージェントは強く X 線の放射を吸収するか、または分散させ、リアルタイムイメージ投射と共に消化管の蠕動または動脈および静脈の血の流れのような動的過程のデモンストレーションを、許可します。 ヨウ素対照はまた異常な領域に正常なティッシュのより多かれ少なかれ集中され、異常 (腫瘍、包嚢、発火) をより顕著にさせるかもしれません。 さらに、特別な場合に胃腸システムのために対照のエージェントとして使用することができます乾燥すれば二酸化炭素は静脈システムで対照のエージェントとして使用することができます; このような場合、対照のエージェントは X 線の放射を周囲のティッシュよりより少なく減少させます。

CT のスキャン

CT イメージ投射は画像に計算のアルゴリズムと共に X 線をボディ使用します。 CT では、リングによって形づけられる器具の X 線の (探知器) の反対の管を生成する X 線は患者のまわりで回りまコンピューター生成横断面の画像 (tomogram) を作り出します。 CT は軸平面でコロナおよび矢状画像はコンピュータの復元によってすることができるが、得られます。 Radiocontrast のエージェントは解剖学の高められた描写のための CT と頻繁に使用されます。 レントゲン写真がより高い空間分解能を提供するが、 CT は X 線の減少のより微妙な変化を検出できます。 CT はレントゲン写真よりより多くの電離放射線 -- に患者をさらします。 螺線形の複数の探知器 CT は 8,16 を利用しますより短い検査の時間の大いにより良い細部の画像を得るためにまたは放射による患者の連続的な動きの間の 64 の探知器は発します。 IV CT の間の対照の急速な管理でこれらの良い画像が carotid の 3D 画像に再建することができる細部の大脳および冠状動脈、 CTA の CT の血管記録法をスキャンして下さい。 CT のスキャンは脳溢血、肺エンボリズム (肺の動脈の血塊)、大動脈の解剖 (大動脈の壁の引き裂くこと)、虫垂炎、憩室症、および腎臓結石を妨げることのようなある緊急な、緊急時の条件の診断の選択のテストになりました。 従ってより速いスキャンの時間を含む CT の技術の継続改善および改善された解像度は劇的に医学診断の CT のスキャンそして高められた利用の正確さそして実用性を高めました。

最初の商業的に実行可能な CT のスキャンナーは EMI の中央研究所のによってゴッドフリー Hounsfield、 1972 年にイギリス発明されました。 EMI は Beatles 音楽に配給権を所有し、研究に資金を供給したのは利益でした。 Hounsfield およびアラン McLeod McCormick CT のスキャンの発明のための 1979 年に薬のためのノーベル賞を共有しました。 北アメリカの最初の CT のスキャンナーはロチェスター、 1972 年に MN にメイヨー・クリニックでインストールされました。

超音波

超音波検査はリアルタイムのボディの柔らかいティッシュの構造を視覚化するのに超音波 (高周波音の波) を使用します。 電離放射線は複雑ではないですが、超音波を使用して得られる画像の品質は検査を行っている人 (ultrasonographer) の技術で依存性が高いです。 超音波はまた空気 (肺、腸のループ) または骨を通した画像への無力によって限定されます。 医用画像処理の超音波の使用は最後の 30 年の内に大抵成長しました。 最初の超音波の画像は静的、二次元 (第 2) でした、しかし現代日の ultrasonography 3D と復元はリアルタイムに観察することができます; 効果的になる 4D。

超音波が利用しないので電離放射線は、レントゲン写真術とは違って、 CT スキャンし、核薬の映像技術、それは一般により安全考慮されます。 従って、この様相は obstetrical イメージ投射の重要な役割を担います。 胎児の解剖開発は完全に評価することができま多くの胎児の異常の早い診断を許可します。 成長はと多重妊娠 (双生児、三重項等) で重要、慢性疾患または妊娠誘発の病気の患者一定時間にわたり査定することができます。 カラー流れのドップラー超音波は周辺血管疾患の重大度を測定し、心臓学によって中心、心臓弁および主要な容器のダイナミックな評価のために使用されます。 頸動脈の狭窄症は大脳の infarcts (打撃) を予表できます。 足の DVT は超音波によって致命的である場合もある肺 (肺エンボリズム) にずれ、移動する前に見つけることができます、未処理に去られたら。 超音波は thoracentesis のようなバイオプシーそして排水のような画像導かれた介在のために有用です)。 小さい携帯用超音波装置は腹膜の出血およびレバー、脾臓および腎臓を含む主要な viscera の保全の存在のための直接査定と今外傷の犠牲者のトリアージの腹膜の洗浄を取替えます。 広範な hemoperitoneum (体腔の中の出血) または主要な器官への傷害は緊急時の外科調査および修理を必要とするかもしれません。

MRI (磁気共鳴イメージ投射)

MRI はボディティッシュ内の原子核 (通常水素のプロトン) を一直線に並べるのに強い磁場を使用し、そしてこれらの核の回転の軸線を妨げる無線シグナルを使用し、そして核として生成される無線周波のシグナルがすべての周囲とベースラインの州に戻ることを観察します。 無線シグナルは関心領域の近くに置かれるコイルと呼出される小さいアンテナによって集められます。 MRI の利点は軸、コロナの、矢状および多重斜めの平面の画像を容易に作り出す機能です。 MRI スキャンはすべてのイメージ投射様相の最もよく柔らかいティッシュの対照を与えます。 スキャンニングスピードの前進によっておよび空間分解能、およびコンピュータ 3D のアルゴリズムの改善およびハードウェア、 MRI musculoskeletal 放射線学および neuroradiology のツールはなりました。

1 つの不利な点はイメージ投射が行われる間、患者が騒々しく、窮屈なスペースの長い一定期間の間まだ保持しなければならないことです。 十分に厳しい閉所恐怖症は患者の 5% までで MRI の検査を終えるために報告されます。 より強い磁場 (3 teslas)、短くする検査の時間、より広く、より短い磁石の穴および多くを含む磁石デザインの最近の改善は開いた磁石、持って来ました閉所恐怖症の患者のための救助を設計します。 ただし、等しいフィールド強さの磁石に画像の品質間に頻繁にトレードオフがあり、デザインを開きます。 MRI にイメージ投射で大きい利点が頭脳、脊柱および運動器あります。 様相はペースメーカー、蝸牛なインプラントを持つ患者のために現在禁忌とされます、内在する薬物はポンプでくみます、ある特定のタイプの脳動脈瘤は、目の金属のフラグメント切、強力な磁場および強い変動の無線シグナルによる金属ハードウェアはボディに露出されます。 潜在的な進歩の領域は機能イメージ投射、心血管 MRI、また氏画像によって導かれる療法を含んでいます。

核薬

核薬イメージ投射は放射性トレーサと分類されるある特定のボディティッシュのための親和性と物質から成っている radiopharmaceuticals の患者に管理を含みます。 最も広く使われたトレーサーはテクネチウム99m、ヨウ素123、ヨウ素131、ガリウム67 およびタリウム201 です。 中心、肺、甲状腺剤、レバー、胆嚢および骨はこれらの技術を使用して特定の条件のために一般に評価されます。 解剖細部がこれらの調査で限定される間、核薬は生理学機能の表示に有用です。 甲状腺剤の能力を、心筋への血の流れ集中する、腎臓、ヨウ素等の排泄機能は測定することができます。 主な撮像装置はボディのトレーサーによって出る放射を検出し、画像として表示するガンマのカメラです。 コンピュータ処理を使うと、情報は軸の、コロナおよび矢状画像 (SPECT の画像、単一光子の放出コンピュータ断層撮影) として表示することができます。 現代装置で核薬の画像は疑似同時取られる CT スキャンと診断正確さを改善するために生理学的な情報が解剖構造とオーバーレイをされるか、または共同登録することができるように溶かすことができます。

またスキャンしているペットは、 (ポジトロン断層法) 「核薬の下で落ちます」。 ペットスキャンでは、放射性生物的実行中の物質、最も頻繁にフッ素18 Fluorodeoxyglucose は患者に、注入され、ボディの複数の平面の画像を作り出すために患者が出す放射は検出されます。 変形を伴って実行中のティッシュは、癌のような、作用物質のもっとより正常なティッシュを集中します。 ペット画像は CT の画像と診断正確さを改善するために結合することができます。

核薬のアプリケーションは従来癌の作業/ステージングに於いての強い役割があった骨のスキャンを含むことができます。 心筋の散水イメージ投射は可逆心筋の虚血のための敏感な、特定のスクリーニングの検査です。 分子イメージ投射はこのフィールドの新しく、エキサイティングなフロンティアです。

深い読み


この記事は創造的な公有地の属性ShareAlike のライセンスの下で認可されます。 それは 「放射線学の Wikipedia の記事からの材料を使用します」適応する Wikipedia から使用されるすべての材料が創造的な公有地の属性ShareAlike のライセンスの条件のもとで使用できる。 Wikipedia® 自体は Wikimedia Foundation、 Inc. の登録商標です。

Last Updated: Nov 7, 2013

Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski
Comments
The opinions expressed here are the views of the writer and do not necessarily reflect the views and opinions of News-Medical.Net.
Post a new comment
Post