Advertisement

Tamoxifen は何ですか。

著、 BSc (Hons)

Tamoxifen は AstraZeneca は検出される有名な薬剤今ではであるものによってです。 それは新しい避妊のエージェントの導入に集中した開発計画で最初に選別されました。 それはラットの有効証明したが、女性の豊饒の制御のための有用な薬剤ではなかったです; それは実際に排卵を誘導しました。

反エストロゲンとして一般に参照されて間、これは完全に正確ではないです。 実際には、 tamoxifen は選択的なエストロゲンの受容器の変調器としてより適切に記述されています。 これは estrogenic および antiestrogenic 処置を表現するので、ありますターゲットティッシュによって。

乳癌の防止そして処置両方でなぜ使用したかの乳房の上皮で、処置は強く antiestrogenic です。 それに対して、子宮の上皮に癌防止の安全に関する現在の論争に燃料を供給した処置は proestrogenic です。 これは特に endometrial 癌腫の高められた発生が tamoxifen と慢性的に扱われる女性にあったのであります。

Tamoxifen は水とそして毎日同じような時に毎日何回か取られるべき丸薬として来ます。 取られたとき、タブレットは全べきです; それらは分割されるか、かみ砕かれるか、または押しつぶされるべきではないです。 もし人が tamoxifen の線量を取ることを忘れればそれらは通常であるようにそれを抜けていた線量を取る覚えているべきで、次の線量をとすぐ取ります。 ただし、それがほとんど次の線量の時間なら、彼らは抜けていた線量を無視し、規則的な投薬のスケジュールに従がって続けるべきです。 二重線量は抜けていた 1 つを補正するために決して取られるべきではないです。

Tamoxifen 療法はいくつかのケースで使用されます:

  • 女性および男性両方の肯定的なエストロゲン (およびプロゲステロン) 受容器を搭載するリンパ節の否定的か肯定的なしかし乳癌癌とのそれらのアジェバント療法 (正常な外科に続く処置) として。
  • 両方前および後 menopausal 女性の早くおよび高度のエストロゲンの受容器の肯定的な乳癌の処置として。
  • 成長の乳癌の発生を減らすために女性のための処置が乳癌の開発のために危険度が高いように分類したように。
  • contralateral 癌反対胸のすなわち癌を減らす処置として。
  • 妊娠するようになりたいが、だれが卵を自然に作り出してはいけない女性の排卵を誘導するのに時折使用される。
  • 病気の開発の危険度が高いののそれらの女性の予防療法として。 これは年齢が走りがちな原因、身体歴であるかもしれません (個人的、グループ)。

例えば; 外科、化学療法や放射によって DCIS (intraductal 癌腫 - より少なく共通のタイプの乳癌) のための処置があった女性は侵略的な乳癌を将来開発するための危険度が高い、およびホルモン療法に (tamoxifen と) 防ぎます処置の最初の 5 年内の大量の女性のこの癌の開発をあります。

tamoxifen 療法の安全は子供またはそれらのに発癌性のための潜在性による母乳で育てること確立されませんでした。 ただし、 Tamoxifen 療法の利点は一般に療法を持てる人の危険を上回ります。 これらの危険に関して、準の不利な反作用は線量の減少によってマイナー、十分容認されて頻繁に容易に制御されてがちです。 副作用は下記のものを含んでいます:

  • 不況
  • 熱いフラッシュ
  • 減量
  • Menstrual 不規則性
  • 腟排出
  • 腫瘍のサイトのまわりの苦痛/赤色化
  • 目まいおよび厳しい頭痛
  • 便秘
  • 筋肉弱さ
  • 激流の開発の視野問題 (例えば危険)
  • 最初の不利な反作用は (高められた骨痛のような) tamoxifen 療法の手始めに続く肯定的な腫瘍の応答であるかもしれません。
  • 血球変更: 低い好中球は (neutropenia)、非常に低い血小板算定 (血小板減少症) 数え、非常に低い白血球は数えます (白血球減少症)
  • 通常の線量で延長された tamoxifen 療法による血液凝固の異常: これは深い静脈の血栓症および肺の embolus を含んでいます。 患者は、胸痛や膨張した、赤く、そして苦痛な子牛ただ 1 頭突然の息切れを開発すれば即時のヘルプを追求するべきです。 幸いにも、これはまれな副作用です。

参照:

[深い読み: Tamoxifen]

Last Updated: Nov 25, 2015

Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski
Comments
The opinions expressed here are the views of the writer and do not necessarily reflect the views and opinions of News-Medical.Net.
Post a new comment
Post