Advertisement

血栓症は何ですか。

ヨランダスミス著、 BPharm

血栓症は血管で形作る凝血、別名血栓のプロセスです。 この血塊は血塊が頭脳または肺のような循環系の重大な部分に、移動すれば影響を受けた領域の血の流れを妨げるか、または妨げることができましたり、また深刻な複雑化を引き起こします。

血管は傷つくときボディがボディから血の余分な損失を防ぐために血小板およびフィブリンのような凝固要因を作り出すことは正常、です。 この効果がプロダクティブにあれば血の流れを妨げ、血のストリームのまわりで移動する embolus を形作ることができます。

血栓症のタイプ

血栓症は静脈のに従って分類する血栓がボディで示す幹線血栓症として広く、ことができます。

静脈の血栓症は静脈にどこにに従ってを含んで発生するか発生し、更に分類されます:

  • 深い静脈の血栓症
  • 門脈静脈の血栓症
  • 腎臓静脈の血栓症
  • 頸静脈の血栓症
  • Budd-Chiari シンドローム
  • Paget-Schoetter の病気
  • 大脳の静脈湾曲の血栓症

atheroma の破裂との連合による幹線血栓症、別名 atherothrombosis は動脈に発生します。 心房細動によって引き起こされる血静止状態によりまたこのタイプの血栓症を引き起こすかもしれません。

頭脳の虚血、出血および embolus を含む打撃のための多重原因が、あります。 頭脳の凝血による打撃は通常 atherosclerotic プラクのまわりで次第に構築します。

心筋梗塞はまた冠状動脈で血栓によって引き起こされるかもしれ、虚血と関連付けられます。 中心のセルへの減らされた酸素供給は、妨害の結果として細胞死および心筋梗塞で、起因します。

原因

血栓症の 3 つの主要な原因があります: 血管の壁の endothelial セルへの hypercoagulability、傷害および血の異常な流れ。

Hypercoagulability、別名 thrombophilia は、血栓症への耐障害性を高める血の凝固要因のハイレベルを参照します。 これは免疫組織の遺伝学か無秩序の結果として通常あります。

外傷、外科またはおよび伝染の後の血管の壁の上皮細胞への傷害はまた凝固および可能な血栓症を沈殿できます。

坐った動作の心不全または長期に従がって静脈の静止状態のような異常な血の流れにより、また、血栓症は発生しますことができます。 さらに、他のある健康状態は血の流れに影響を与え、心房細動および癌を含む血栓の生産の、原因となる場合があります。

複雑化

血栓症の共通の複雑化は静脈の動脈の妨害による低酸素症です。 血管の大半が妨げられるとき、ボディへの酸素供給は減り、乳酸の高められた生産で起因します。

さらに、場合によっては凝血は自由に壊れ、ボディ、 embolization として知られているプロセスのまわりで移動するかもしれません。 これは厳しい反響の頭脳のような必要な器官への血の流れを、か肺、減るか、または禁止の酸素および血の流れ妨げることができます。

防止および処置

血の静止状態は血栓症の高められた危険と関連付けられるので、特に敏感な個人がベッドののような、または飛行機の長い一定期間の間坐るために本当らしければ動きが規則的になされることは重要です。

静脈の thromboembolism の危険度が高いの人々のためにこれが凝固要因の減らされた効力による出血へのより高い耐障害性と関連付けられるが肺エンボリズムの危険を減らすために、ヘパリンは管理することができます。 従って、ヘパリンは血栓症の防止よりもむしろ処置のより大きい使用を、提供します。

深い静脈の血栓症の形成を防ぐ凝集性方法は凝血の形成を禁じるために機械的に静脈をサポートする圧縮のストッキングの使用です。 これは少数の副作用有利がある特にです。

抗凝固薬はわずかに主要な出血の危険性を高めるかもしれませんが血栓症の防止そして処置両方の利点を提供するためにありました。

参照

[深い読み: 血栓症]

Last Updated: May 21, 2015

Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski
Comments
  1. Birgir Norddahl Birgir Norddahl United States says:

    Denne artikl skal redigeres. Den er formodenligt skrevet med en "Google-oversaettelse" fra en engelsk artikel.
    This article needs revision. It is written presumably from an English article with Google Translate.

The opinions expressed here are the views of the writer and do not necessarily reflect the views and opinions of News-Medical.Net.
Post a new comment
Post