クリントンは FGM に許容度ゼロの国際的な日を示す記者会見を開きます

Published on February 18, 2012 at 6:08 AM · 1 Comment

女性の生殖の切断に 2 月 6 日に認識された許容度ゼロの国際的な日を示す木曜日の記者会見で話してヒラリー・ロッドハム・クリントン米国の国務長官は 「女性の生殖の切断のための文化的な正当化がないこと…、時々陰核切除と言われる方法言い」、 「政府女性の生殖の切断の終了の方に非政府機関進歩に作って、またはまだそれを練習する人へ手を差し伸べることによる FGM」、が VOA のニュースレポート (Stearns、 2/16)。 政策の変更のための継続必要性を強調するように 「記者会見意図され、 FGM を終了し、プロシージャを経た女性のためのサポートを促進する新しい作戦は」、は ABCニュース書きます (Conley、 2/16)。

「彼女は言いま、多くの文化的な伝統がもはやブログ」、 VOA の 「最新ニュース」の書くないことをもはや受諾可能。ではないので追加しますであることを、 「陰核切除に医学の利点が単にないし、人権違反」彼女は言います (2/16)。 「国務長官また女性の生殖の切断をアドレス指定するためにアフリカの研究を進めるようにケニヤの鍋アフリカの優秀な研究機関に資金を供給するようにナイロビの大学とのパートナーシップを発表しました」は ABC は書きます (2/16)。 ニュース・サービスは西アフリカ (2/16) の方法を終了するための 1 人の女性の努力でビデオレポートを提供します。

この記事プリント全体のレポートを印刷して下さい

    http://www.kaiserhealthnews.orgこの記事はヘンリー J. Kaiser Family の基礎からの許可の kaiserhealthnews.org から再版されました。 Kaiser の健康のニュース、社説として独立したニュース・サービスは、 Kaiser グループの基礎、 Kaiser Permanente と外部の無所属のヘルスケアの規定の研究組織のプログラムです。

    Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski