腎摘出の患者の外科アプローチの比較

Published on November 8, 2012 at 9:15 AM · No Comments

サリー Robertson 著、 medwireNews レポーター

laparoscopic 腎摘出への retroperitoneal アプローチは患者に transperitoneal アプローチに示します文献検討からの調査結果を適した代わりを提供するかもしれません。

retroperitoneal laparoscopic 根本的な腎摘出を経た患者は (RLRN) transperitoneal LRN (TLRN) を経た人より腎臓の管制御そして低く全面的な合併症を起こす確率に短いひとときを過ごしました。 さらに、 RL の部分的な腎摘出 (RLPN) を経た患者は病院で TLPN の患者より滞在の短い操作時間そして短い長さがありました。

2 つのアプローチを、 Zi Yin (孫逸仙大学、広州、中国) 比較する 18 の調査の分析では腎臓静脈制御への時間は 54 分より長くだったが腎動脈制御への時間が RLRN のより TLRN の重要な 69 分長くだったことがおよび同僚は分りました。

「retroperitoneal アプローチが腎臓のヘリウムに直接およびラピッド・アクセスを提供する一方、 Transperitoneal アプローチ BJU インターナショナルでかなりの動員が」はそれら説明します腎臓のヘリウムにアクセスするように要求します。

RLPN の操作時間はまた TLPN とより短く 49 分、 RLPN の患者は TLPN の患者より病院の 1 日より少なく使いました。

なお、全面的な合併症を起こす確率は 2.12 および 2.17 のそれぞれの確率の比率で intraoperative 合併症を起こす確率があったように、 TLRN の患者より RLRN でかなり低かったです。

「処置のグループへの割り当てがより頻繁に複雑なケースで TLRN とほとんどの担当医の裁量で調査する、使用した」、はチーム指摘するあったように RLRN が TLRN より安全であることこれらの調査結果要求をサポートできません。 「しかし私達の分析は RLRN が少なくとも TLRN 安全」。であることを示します

「適切に指定患者、後部に見つけられた腎臓の腫瘍を持つ特に患者に、 retroperitoneal アプローチはより速くあるかもしれ、 transperitoneal アプローチと比較される均等に安全」研究者を完了します。

Licensed from medwireNews with permission from Springer Healthcare Ltd. ©Springer Healthcare Ltd. All rights reserved. Neither of these parties endorse or recommend any commercial products, services, or equipment.

Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski