身体活動は年配者の痴呆の危険を減らします

Published on November 8, 2012 at 5:15 PM · No Comments

サリー Robertson 著、 medwireNews レポーター

身体活動は認識減損、白い問題の変更を開発した高齢者達の特に管の痴呆のための危険を、 (WMCs)ショーの研究減らします。

「私達は強く 30 分認識減損を防ぐために適当な強度の身体活動を少なくとも週に三回提案します」出版物文のポルトガルのリスボンの大学からの主執筆者アナ Verdelho 言いました。

チームは、 WMCs の nondisabled 高齢者達 (平均年齢 74 年) 間で、身体活動が WMC の重大度とは関係なく認識減損および管の痴呆と制御する教育レベル、年齢、一時的な萎縮および痴呆のために予言する見つけられた危険率のための危険を後でさえも減らしたことが分りました。

チームはベースライン磁気共鳴イメージ投射スキャンのあらゆる程度の WMCs が (Fazekas のスケールに従って) あった 638 人の個人の 3 年の直接追撃を (MRI)行ないました。

「大脳の白い問題の損傷不況を含む認識問題で関係します、歩く難しさおよび尿の不平」、は Verdelho を言いました。 変更は高齢者達で非常に共通で、高血圧および打撃のような管の危険率と主に関連付けられます。

身体活動の状態はアメリカの中心連合の科学的な位置 (少なくとも作業の 30 分に従ってベースラインに 1 週あたりの少なくとも 3 日) 確立され、患者は実行中か作動しないように分類されました。

打撃で報告されたように、調査の終りまでに、 90 人の個人は管の痴呆があった誰が、管のコンポーネントとの 34 人のアルツハイマー病の痴呆、 54、および 2 frontotemporal 痴呆は開発しました。 さらに、 147 人の患者は 86 に痴呆なしで管の認識減損があった痴呆なしで 61 に穏やかな認識減損があったが、認識減損を開発しました。

コックス回帰分析はベースラインの物理的に活動状況が 39% によって 36% あらゆる認識減損のための危険を (痴呆の有無にかかわらず)、痴呆のための危険、および 58% によって年齢のための調節の後で管の痴呆のための危険、教育、 WMC の重大度、中間の一時的な萎縮、前および事件の打撃および糖尿病減らしたことを示しました。

「厳しい WMC の効果を考慮に入れて、身体活動は管の痴呆への転移のための減らされた危険を関係させました」、 Verdelho を言いました。

Licensed from medwireNews with permission from Springer Healthcare Ltd. ©Springer Healthcare Ltd. All rights reserved. Neither of these parties endorse or recommend any commercial products, services, or equipment.

Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski