精神病の開発の前に明白な白い問題の変化

Published on November 13, 2012 at 5:15 PM · No Comments

マーク Cowen によって、年長の medwireNews レポーター

イギリスの調査からの結果はそれ程ではないにせよ最初のエピソードの精神病の患者 (WM)でよりが白い問題の保全が精神病のための (UHR)超高度の危険の患者で減ることを示します (FEP)。

チームはまた持っているすばらしい WM の欠損を満開の精神病を開発することを続く人より UHR の患者ことが分りました。

精神分裂症の報告で出版される調査結果は 「精神分裂症の手始め正面 WM の保全の進歩的な減少と関連付けられるかもしれないことを」が言いますフランチェスコ Carletti (王 College ロンドンの) およびチームを提案します。

研究者は精神病のための UHR で 32 人の個人、 FEP の 15 人の患者、および 32 人の精神的に健全な個人 (制御) を調査しました。

関係者全員は磁気共鳴イメージ投射を使用して WM の保全のために査定されました。 UHR のグループの患者はまた後で 28 か月スキャンされ、人間の相違は間隔の間に (n=8) はし、 (n=24) 精神分裂症を分析されました開発します。

ベースラインで、チームは 2 つの頭脳クラスタの僅かの異方性値 (FA) のグループ間の重要な相違を見つけました。 最初のクラスタは体の callosum、左の劣った、優秀な縦方向の fasciculus および左の劣った frontooccipital (SLF) fasciculus で splenium およびボディを構成しました。 第 2 クラスタは右の内部カプセルの右の外部カプセル、 retrolenticular 部分、および右の後部のコロナの radiata を含んでいました。

両方のクラスタでは、 FA 値は UHR のグループの制御および中間物で最も高い FEP のグループで最も低かったです。

3 グループはまた FEP のグループで最も大きく、最も低くて UHR のグループの制御および中間物で拡散係数が広まった頭脳領域を渡る放射状の拡散係数で重要な相違を、示しました。

UHR の患者の間で、続いて精神分裂症を開発した人は左の前頭部で精神分裂症を開発しなかった人のそのような進歩的な減少が観察されなかった一方、 FA 値の進歩的な減少を示しました。

Carletti 等は完了します: 「これらのデータは UHR の州が最初のエピソードの精神病で影響されるそれらへの同じような領域の減らされた WM の保全と関連付けられるそれほどではないにせよことを提案します。

「なお、私達は UHR の主題の精神病の手始めが左の frontal WM の異常の縦方向の進行と」。関連付けられるかもしれないという最初の証拠を提供しました

Licensed from medwireNews with permission from Springer Healthcare Ltd. ©Springer Healthcare Ltd. All rights reserved. Neither of these parties endorse or recommend any commercial products, services, or equipment.

Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski