人間の脳が実世界タスクをどのように達成するか探索するプリンストンの神経科学者

Published on November 14, 2012 at 6:35 AM · No Comments

プリンストンの神経科学者は人間の脳は私達が目的を追求し、気晴らしの環境の優先順位を十分にごまかすことをどのように可能にするか探索するジョン Templeton の基礎からの $4 百万許可を与えられました。

許可は目指した頭脳イメージ投射および他の実験に頭脳がタスクの私達を保つ私達の思考および動作の 「認識制御」をおよび長期目的を達成することできるどのように出すか検出します資金を供給しま。 認識制御は、プロジェクト・リーダージョナサン Cohen に従って、計画のような高レベルの精神作業に基本的、問題解決および社会的な相互作用ロバート Bendheim および神経科学のリン Bendheim Thoman 教授およびプリンストンの神経科学の協会の助監督です (PNI)。

「頭脳が実世界タスクを - 食事療法へのスタックに運転するとき」、は気晴らしの無視からのすべてどのように達成するか私達の調査明らかにします認識制御の成長が理論の作業区言いましたり、また頭脳イメージ投射を使用してそれらの理論をテストした Cohen を。 「この理解健全な個人の認識制御を増強するための新しい介在を方法を指すかもしれ損なわれるところで」は Cohen は、 「言い、復元します神経精神病学の無秩序のようにそれを」。

プロジェクトはどんな目的が重要であるおよびそれらをか追求する方法を決定するために頭脳の部分がどのように相互に作用しているか探索します。 プリンストンの国際的レベルの頭脳イメージ投射装置の使用に加えて、研究者は頭脳機能の計算モデル、また認識制御の調査に合った新しい頭脳イメージ投射方法を開発します。

基金補助は 5 つの研究の質問をサポートします:

  • 私達はどのように食事療法でごまかす蚊に刺されたあとか誘惑をスクラッチする衝動の抵抗のような衝動上の自制を、出しますか。 (および Matthew Botvinick、仲間の心理学部教授および PNI Cohen 著導かれて)
  • 頭脳はどのように目的および競争の subgoals を管理し、覚えていますか。 例えばテストのために調査する必要があればテストであるかもしれない特定のトピックのそれぞれを調査することを使うためにどのようにどの位決定しますか。 (Botvinick および Yael Niv、補助心理学部教授および PNI 著導かれて)
  • 将来のメモリおよび計画に何が入りますか。 長期記憶に計画およびそれへのリターンを私達はいつ後で託すか例えば、どのようによりもむしろ実行中に留意しますそれに決定しますか。 (、仲間の心理学部教授および PNI および Cohen ケネスのノルマン人によって導かれて)
  • 私達はどのように発見および学習を用いる目的指示された動作のバランスをとりますか。 いつ宿題のアサインメントの完了のような目的の達成で浸されて、私達はどのように - 例えば、他の事についての探索し、学習を支持してその目的を延期することにしま宿題のアサインメントを完了しますよりもむしろセミナーへ行くことか。 (Cohen および Niv 著導かれて)
  • 私達はどのように頭脳スキャンを取り、どんな人々が約特定の時に考えているか解読する機械学習のアルゴリズムで改良してもいいですか。 (ノルマン人および Cohen 著導かれて)

基礎からのサポートは実験室で調査し易く、解読し実質生命の複雑な動作より比較的易いので研究者が神経科学者が使用する人間挙動の単純化モデルから移ることを可能にします。 「入る何が現実の世界で許可プリンストンの研究者がと」、は Cohen に近い方の多く言ったである実験を設計することを可能にします。

ソース: プリンストン大学

Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski