何人かの打撃の患者は大脳の血管形成およびステントの配置から寄与するかもしれません

Published on December 11, 2012 at 6:56 AM · No Comments

何人かの打撃の患者はジャーナル放射線学でオンラインで出版される新しい調査に従って大脳の血管形成およびステントの配置から、寄与するかもしれません。

「ischemic 打撃の患者の 70% ステントを使用して内部幹線 revascularization の追加使用を用いる肯定的な臨床結果があることができると多数」チェコ共和国の大学病院オストラバでマーティン Roubec、 M.D.、 Ph.D を。、広範囲の打撃の中心の神経学者言いました。

Ischemic 打撃、打撃の共通形式は頭脳の領域へのアテローム性動脈硬化割り込み血の流れによる凝血か脂肪質の沈殿物から、と動脈頻繁の妨害発生します。 先生に従って Roubec、 ischemic 打撃を経験しているわずかヨーロッパの患者だけ静脈内の thrombolysis (IVT) と呼出されるプロシージャで血塊を分解できる可能性としては人命救助の薬剤と扱われます。

「静脈内の thrombolysis 打撃の手始めの 4.5 時間以内に大学病院オストラバで管理されなければなり、抗凝固薬の薬物を取っている患者で」、は言いましたデイヴィッド - koloud-k、 M.D.、 Ph.D -- を。、助教授使用することができません。 「これらの限定のために、 ischemic 打撃の患者の大半は全然受け取りません療法を」。

調査はオストラバおよび Olomouc で 2 つの広範囲の打撃の中心で 2 年のピリオドに扱われた 131 人の激しい ischemic 打撃の患者を含みました。 患者は、 74 人および 57 人の女性 (平均年齢 65.8) を含むコンピュータ断層撮影か磁気共鳴イメージ投射によって検出された中大脳動脈で、完全に (CT)妨害がありました (MRI)。

75 人の患者は IVT と扱われました; 好ましい 3ヶ月の結果を達成した誰が 26 (35%) の。 IVT 妨げられた動脈、受け取られた大脳の血管形成/ステントの配置または追加療法を再開されない残りの 49 人の患者。

血管形成および stenting を経た 23 人の患者の、 10 は (43.5%) 好ましい 3ヶ月の結果を達成しました。 これ以上の療法を受け取らなかった 26 人の患者の、 4 つに (15.4%) 好ましい結果がありました。

患者の残りの 2 グループは IVT の資格がなく、どちらかの revascularization の処置を受け取るか、またはそれ以上の療法を受け取りませんでした。 血管形成およびステントの配置を経た 31 人の患者の、 14 は (45.2%) 好ましい結果を達成しました。 療法を受け取らなかった 25 人の患者の、 2 つに (8%) 好ましい結果がありました。

Revascularization プロシージャを行うためには、医者はデジタル減法の血管記録法と呼出された血管および中大脳動脈の妨害の位置に気球ひっくり返されたカテーテルを操縦するようにガイドワイヤーを視覚化するのに映像技術を使用しました。 気球が膨脹し、空気を抜かれ、そして撤回されたら動脈を助けるように、ステントは開いている残るために挿入されました。 プロシージャに従がって好ましい 3ヶ月の結果の患者は独自に住み、常態の毎日の作業を行えました。

「私達は IVT が禁忌とされる誰を IVT の障害の後の中大脳動脈の妨害の患者でまたはのための、ステントとの revascularization はそれ以上の療法の提供なより優秀であることと」、 Roubec 先生を言いました示しました。

ソース: 北アメリカの放射能社会

Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski