煙り、飲むことは男性の豊饒に影響しません

Published on December 19, 2012 at 5:15 PM · No Comments

サリー Robertson 著、 medwireNews レポーター

飲み、煙るアルコールは報告します研究者を男性の豊饒の重大な影響がないようです。

J Rhemrev (Bronovo の病院、ハーグ、ネザーランド) およびチームは 42 の asthenozoospermic 人のグループと 121 の肥沃な人のグループ間の煙り、飲む習慣の相違を見つけませんでした。 さらに、相関関係は精液パラメータ、アルコール取入口、および煙ることの間で見つけられませんでした。

「煙ることおよびアルコール取入口は…男性の豊饒、精液パラメータおよび生殖結果に影響を及ぼす可能な危険率」、ノートチームです。 「今まで、ありません今でもこれらの要因およびこうして一般に認められた指針に対する喫煙およびアルコール使用の効果についての決定的な一致が」。

Andrologia で報告されたように、登録で人に配られたアンケートは (1-9 本のタバコ) 煙っていたり、仲介に (10-19) 煙っていたり、または重い不妊および肥沃な人の間で (20 またはもっと) 煙っている穏健派の相違を明らかにしませんでした。 適当なアルコール取入口 (1-6 単位)、仲介の取入口 (7-20)、またはアルコールの重い取入口 (≥21) のあらゆる相違ありました。

重要な相関関係は 1 日あたりに吸われたタバコの番号と次の精液パラメータの何れかの間で観察されませんでした: 精液ボリューム、精子の数、進歩的な motile 精子、 motile 精子および形態学的に正常な精子。 さらに、妊娠率に対する状態を煙らす重要な効果がありませんでした。

同様に、相関関係は飲む状態および 5 精液パラメータまたは妊娠の結果の間で観察されませんでした。

なお、回帰分析はまた結合された年齢および体格指数を含む混同の要因のための調節の後でアルコール取入口および喫煙の効果が精液パラメータまたは妊娠の結果に対する重要な効果を、もたらさなかったことを示しました。

「事実」、は等言います Rhemrev を議論が男性の豊饒に対するアルコールおよび喫煙の効果で続くことです。

「この全面的な不一致の理由調査、相違の入院患者の人口、すなわち、肥沃な、 subfertile 不妊の人、社会経済的で、環境要因、頻繁に見つけられた相関関係とこうして混同の変数のアルコール取入口と煙ること間の調査が行なわれた異なった国の管理欠如で使用された小さいサンプルの大きさであることができます」。は

「喫煙およびアルコールは精子の肥やす容量に対するマイナスの効果をもたらすかどうかどの結論でも」、は完了するチームを出すことができる前により大きいグループ、またはメタ分析のそれ以上の研究、この主題で必要です。

Licensed from medwireNews with permission from Springer Healthcare Ltd. ©Springer Healthcare Ltd. All rights reserved. Neither of these parties endorse or recommend any commercial products, services, or equipment.

Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski