マダガスカルは種痘する子供の挑戦に直面します

Published on January 24, 2013 at 4:17 AM · No Comments

「マダガスカルの肺炎に 5 歳以下子供間の死の 21% に責任があります -- それに一流の死因をこの年齢別グループのためのします」、しかし 「[t] 彼は pneumococcal 病気、厳しい幼年期肺炎の一流の原因から保護するべきワクチンの最近の導入、 IRIN 報告します」国に毎年発生するたくさんの児童死亡を減らすように試みています。 「けれどもワクチン接種プログラムのための主要な障害があります: 国のヘルスケアの労働者の悪い下部組織および高い貧困水準」、また政治危機および欠乏は、ニュース・サービス書きます。 「政府の保健統計は 2011 年に、何人かの 83,171 人の Malagasy 子供があらゆる病気のためのワクチン接種を受け取らなかったことを示します。 2012 年の第一四半期では、この番号は 191,435 に上がりました」、郊外 (1/22) の子供に達するための政府およびユニセフによる努力を論議する IRIN に従って。


http://www.kaiserhealthnews.orgこの記事はヘンリー J. Kaiser Family の基礎からの許可の kaiserhealthnews.org から再版されました。 Kaiser の健康のニュース、社説として独立したニュース・サービスは、 Kaiser グループの基礎、 Kaiser Permanente と外部の無所属のヘルスケアの規定の研究組織のプログラムです。

 

Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski