resiniferatoxin を含む HSS は手に負えない痛みを軽減するために米国のパテントを受け取ります

Published on January 28, 2013 at 3:14 AM · 1 Comment

米国のパテントおよび商標のオフィスは resiniferatoxin を、または RTX 含むの米国の保健社会福祉省に最近パテント高度癌、厳しい関節炎および他の非常に慢性の条件の人々に発生できる手に負えない痛みを軽減するために薬剤の潜在的で新しいクラスを表す実験混合物を出しました。

「RTX が investigational 薬剤の間、私達の商業パートナーに特許の許諾臨床開発によって薬剤を移動するためにそれ以上の刺激を提供します」マーク L. Rohrbaugh、 Ph.D を。、 J.D. の NIH の NIH および食品医薬品局の (OTT)科学者がなす発明にパテントおよびライセンスを管理する技術移転のオフィスのディレクター言いました (FDA)。 「パテント RTX が停止されたか、または失われた機会として実験室の棚に行きつかせない高めましたり、代りに手に負えない痛みの人々の生命を改善する潜在性が」。はあります可能性を

方法パテントはとりわけ脊柱の thecal 嚢に注入を意味している RTX の intrathecal 管理をカバーします。 thecal 嚢は結合組織の層から形作られ、脊髄を囲みます。 周辺神経ルートの束は入力感覚的なシグナルが脊柱に沿ってそして頭脳に前に経路を指定される流動に満ちた嚢に入れます。

パテント (米国の第 8,338,457) は健康、 HHS のコンポーネントのある各国用協会を通して管理されます。 NIH の神経学的な無秩序の各国用の協会および打撃 (NINDS) は Sherrington Pharmaceuticals、協力的な研究開発の一致による Inc. と共同して intrathecally 管理された RTX の早い臨床開発を導きます。 Sherrington の慢性および処理し難い苦痛の処置に焦点を合わせた私用 biopharmaceutical 会社は最近出されたパテントに独占的使用許諾の一致の下で RTX を商業化するように試みます。

NINDS は現在激痛の高度の癌患者に intrathecally 管理される RTX の安全そして効力を調査する RTX の早い段階の臨床調査を監督します。 調査は患者を募集し続けより多くの情報はで見つけることができます:

http://cancerpainstudynih.com および www.clinicaltrials.gov

RTX はドイツの科学者がそれを隔離した 1970 年代の中頃の研究者の注意に最初にとげだらけの得られる乾燥された白い樹脂および世紀古い民俗解決策の実行中の混合物が、サボテンそっくりのプラントから Euphorbia の resinifera を呼出したと同時に来ました。 発見はすぐに先生のピーター Blumberg、 NIH の国立癌研究所を持つ科学者調査の目をつかまえました (NCI)。 彼はカプサイシン間の RTX の一義的な化学構造、自然なハイブリッド、赤唐辛子の刺激剤、および daphnane、プラント得られるの一義的なクラスに、刺激剤の混合物興味をそそられました。

Blumberg は米国の複数のパテントを受け取り、外国に 80年代後期および 1990 年代初期の間に RTX に関連していました。 彼および彼の同僚は混合物がニューロンを感じるある特定のタイプの熱苦痛の表面に結合するときカプサイシンより有効な 1,000 倍だった彼らの多くの発見間で示しました。 Blumberg および同僚が科学的な土台を築く間、苦痛薬物の新しく、超有効なクラスとして RTX を管理する最適の平均は発見のために開いている残りました。

早い 2000s では、ミハエル Iadarola、 NIH の歯科および Craniofacial 研究 (NIDCR) の各国用の協会を持つ基本的な科学者先生は、および同僚 1 つのそのような代わりを繋ぎ合せ始めました。 彼らは vanilloid のある特定のタイプの熱苦痛感知ニューロン、または神経細胞の表面に表示された受容器 1 (VR1)、チャネルである、または気孔と的を搾りました呼出された多くの調査された蛋白質に結合する RTX の報告された一義的な機能に。 チャネルを通って、しかし VR1 を表現するそれらのセルでだけホースを、プロンプトカルシウムイオンの流入貫流する水のような VR1 への RTX の大使館員、および。

Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski