mRCC の sunitinib の応答の評価のために最もよい Metastatic 腫瘍

Published on February 20, 2013 at 9:15 AM · No Comments

ルーシーのパイパーによって、年長の medwireNews レポーター

metastatic 腎臓のセル癌腫の非nephrectomized 患者の評価の処置の応答が (mRCC)ターゲット損害として、一次損害選ばれる必要がないとき研究者は報告します。

実際に、彼らはターゲット損害が sunitinib への応答を定めるためによりよく、存続の結果のより代表的かもしれないようにそれを転移だけ損害を選ぶことを見つけました。

「私達は一次損害がサイズの変更を通して sunitinib への応答を表わし、 metastatic 損害のサイズの変更に関連すること」、ノート Jae-Lyun リー (薬、ソウル、韓国のウルサンの大学の大学) および同僚を確認しました。

「しかし、サイズの変更の程度は何人かの患者の一次損害の metastatic 損害そして応答が metastatic 損害と比較された反対の方向で」。移動したより小さかったです一般に

研究者は固体腫瘍で sunitinib と扱われた mRCC との、老化した 41 人の患者の全面的な応答の変更を平均 59 年査定するのに応答の評価の規準を使用しました。 患者全員はそのままな一次腫瘍および少なくとも 1 つの extrarenal の測定可能な損害を持っていました。 肺は転移 (63%) の共通のサイトでした。

処置の結果として直径の合計の平均減少は、 6% でターゲット metastatic 損害の 18% と比較された主目標の損害でより小さかったです。

29 か月の中央の直接追撃に、 30 人の患者は停止しました。 中央の全面的な存続は 12.7 か月であり、進行への時間は 6.8 か月でした。

患者が一次および metastatic 損害の評価に基づいて応答機 (完全か部分的な応答) および nonresponders (安定したか進歩的な病気) に分類されたりときに進行 (14.9 そして 5.4 か月、それぞれ) および全面的な存続 (18.0 そして 10.6 か月、それぞれ) へ時間に nonsignificant 相違がありました。

metastatic ターゲット損害だけ、しかし使用されたときに、応答機は対 nonresponders 進行 (4.3 か月対 14.9) にかなり長い時間をおよびより長く住まれていて過しました (9.6 か月対 18.5)。

目標とされた分子療法の最近の時代では、定期的な cytoreductive 腎摘出は低下し、貧し危険のグループの存続の利点をもたらさないかもしれませんことを調査は研究者のノート提案しました。

「従って、腎摘出のない mRCC の患者の応答の存続は緊急問題としてよりよく忍耐強い管理を求めると考慮されます」と言います。

「私達は nonnephrectomized mRCC の患者を扱うとき、転移だけターゲット損害を使用して忍耐強い応答を評価することはよい」。ことを提案します

Licensed from medwireNews with permission from Springer Healthcare Ltd. ©Springer Healthcare Ltd. All rights reserved. Neither of these parties endorse or recommend any commercial products, services, or equipment.

Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski