IGTP、 UAB は Lewy ボディ痴呆を検出するために最初遺伝の biomarker を検出します

Published on July 26, 2013 at 7:59 AM · No Comments

ドイツ人の三組 I Pujol の健康科学の研究所 (IGTP) および Universitat Autònoma de バルセロナ (UAB) は Lewy ボディ痴呆、 Alzheimer と混同することができる (LBD)病気を検出するために最初の遺伝の biomarker を検出しました。 この biomarker はケースの 20% にあり、病理学の小群の 1 つを区別します。 Grifols の会社に認可されて、それはより精密な診断および処置を導きます。

Lewy ボディ痴呆は (LBD)アルツハイマー病の後に痴呆の第 2 原因です。 両方の病気の徴候はいずれの場合もメモリ、思考プロセス、動作および身体活動に影響を与える思考力に漸進的な悪化があるので、非常に類似しています。 これらの類似は LBD の何人かの患者が Alzheimer のための通常の薬剤と不正確に診断され、扱われることを意味します。 しかしこの処置により病気を大いにより悪く場合によってはさせるこれらの患者のおよそ半分で不利な反作用を引き起こします。

現在 LBD を診断する特定のテストがありません。 実際には、さまざまで神経学的な、 neuropsychological テストが他の無秩序の病気そして可能な重複を検出するのに使用されていますが LBD の臨床診断は非常に正確ではないです。

IGTP および UAB によって行なわれる研究は最初の遺伝の biomarker の発見の原因となりましたり、 LBD の 1 つの小群とアルツハイマー病を LBD のケースおよび区別の 20% で見つけました。 「このマーカーは一定量の LBD の被害者だけを検出するが、病気にかなり診断感度を高め、これらの患者は正確な診断を得ることができ、従って右の処置」はドイツ人の三組の病院で、構造および分子病理学のグループに研究計画の先生を説明します Katrin Beyer、ヘッドおよび、病理学の部門および協会所属。

研究者は LBD の患者の頭脳の酵素の butyrylcholinesterase (BCHE) の表現の変化を観察したポストモーテム頭脳のサンプルの調査によって最初にマーカーを検出しました。 これらのデータは遺伝子の表現で変更する引き起こしている BCHE の遺伝子の促進者によりに遺伝の変化があることができることを示しました。 実際は、彼らは、ある特定の組合せで LBD と、関連付けられる LBD の促進者領域の 4 つの多形を見つけました。 特許を取られたこれらの調査結果は患者は LBD があるかどうか定めることを可能にしま、それをアルツハイマー病と区別します。

現在、パテントはドイツ人の三組の病院および Bellvitge の病院の Neurodegenerative の病気の単位からの神経学者と共同して遂行されている確認の最後の段階にあります。

Grifols の会社との使用許諾契約は意味しま、従って結果が応用場合もあることを病院の LBD を診断するために簡単でである、急速で、有効なプロシージャを提供します。 臨床調査を設計するのにさらに、識別を助けるようにまたマーカーが Alzheimer の患者のグループから、例えば、 LBD の箱を除去しているより正確な診断の患者のグループの使用することができます。

ソース Universitat Autònoma de バルセロナ

Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski