毒性は bevacizumab-erlotinib NSCLC の維持療法の利点を限定します

Published on October 31, 2013 at 5:15 PM · No Comments

サラフリーマン著、 medwireNews レポーター

2 つは高度の段階の非小さセル肺癌のための第一線の化学療法が進行なしの存続を改善した後一緒に使用された (NSCLC)抗癌性の薬剤を、 (PFS)大きい、前向き研究ショーの結果目標としました。

中央 PFS は偽薬 (危険の比率 [HR] と bevacizumab と = 0.71) 扱われた erlotinib と bevacizumab と対それらのための 3.7 か月扱われた患者のための 4.8 か月でした。

しかし全面的な存続の (OS)利点がなかったし 2 薬剤の組合せは単独で bevacizumab より不利なイベントと、言います調査の調査官を関連付けられました。

これら二つの薬剤を結合するための理論的根拠が 「tumorigenesis にかかわる異なった分子パスを」。目標とすることであることをブルースジョンソン (DanaFarber の蟹座の協会、ボストン、マサチューセッツ、米国) および同僚は説明します それらはまた臨床腫瘍学のジャーナルで、注意します、組合せがよい許容範囲および有望な antitumor 効果と関連付けられたことをその段階 I および II 調査は提案しました。

現在の段階 III の調査それらは bevacizumab とプラチナベースの化学療法の 4 つのサイクルを受け取った erlotinib または偽薬の付加が付いている bevacizumab との処置を続けるために任意に割り当てられ、高度 NSCLC の複雑な患者 743 人行ないました。

患者の年齢の中央値は 64 年、 85% 持っていました段階 IIIb (9%) または再発 (6% の) 病気を持っていて余りが段階 IV NSCLC を、でした。 大半 (82%) は腺癌を持っていました。

「病気の進行の危険または臨床的に重要な小群のための死の減少全面的な処置の効果に一貫していました」はとジョンソン等は報告します。

期待どおりに、彼らは erlotinib がとりわけ目標とする作動の表皮の成長因子の受容器の突然変異との 2 薬剤の組合せのより大きい (HR=0.44) PFS の利点が対患者の (EGFR)単独で bevacizumab あったことが分りました。 組合せのための同じような OS の利点は作動 EGFR の突然変異の患者で見られました。

不利なイベントのどの等級でも 2 薬剤の組合せがあった患者の 95.9% およびそれらの 86.9% に偽薬とある特定の bevacizumab 発生しました。 より多くの患者に発生する等級 3 の不利なイベントは erlotinib と bevacizumab と対偽薬によって含まれていた発疹 (0.5% 対 6.8) および下痢 (1.9% 対 9.8) と bevacizumab 扱いました。

そこのオーバーオールが PFS および著しく高められた毒性の適度な影響だったことに注意して、研究者は 「この 2 薬剤の維持の養生法新しい postchemotherapy 管理基準の」。が原因とならないことを結論を出します

Licensed from medwireNews with permission from Springer Healthcare Ltd. ©Springer Healthcare Ltd. All rights reserved. Neither of these parties endorse or recommend any commercial products, services, or equipment.

Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski