CotH 蛋白質は mucormycosis の間に宿主細胞の fungal 侵入を仲介します

Published on December 27, 2013 at 5:34 AM · No Comments

immunosuppressive 療法の個人の日和見感染は現在の予防する作戦にもかかわらず忍耐強い結果のための大きな問題、です。 十分特徴付けられた病原体との伝染を防ぐ機能が改良する間、よりずっとあまり知られていない微生物による伝染は増加しています。 1 つのそのような例は mucormycosis の増加する発生、ケカビ目の菌類が引き起こす生命にかかわる伝染です。 ケカビ目の定義特性は endothelial セルの表面のブドウ糖調整された蛋白質 78 (GRP78) との相互作用によって宿主細胞に侵入する機能です。

臨床調査のジャーナルのこの問題では、 Ashraf イブラヒムおよび、ロスアンジェルスカリフォルニア大学の同僚は GRP78 のための配位子としてケカビ目の菌類の表面の胞子コート蛋白質の相同物 (CotH) を識別し、これらの蛋白質を符号化するその遺伝子はケカビ目に一義的です。 なお、ケカビ目の菌類のクモノスカビの oryzae の CotH の損失は侵入および毒性を減らしました。

友達の論評では、デューク大学の J. アンドリュー Alspaugh は防止のための CotH 蛋白質を目標とすることの潜在性および mucormycosis の処置を論議します。

ソース: 臨床調査のジャーナル

Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski