患者の自身の骨髄の stromal セルは複数の薬剤抵抗力がある TB を扱うことができます

Published on January 10, 2014 at 6:26 AM · No Comments

予備の調査の調査結果は呼吸の薬が提案する尖頭アーチで患者の multidrug 抵抗力があるおよび広範薬剤 (XDR) の結核を扱うのに自身の骨髄の stromal (茎) セルが (MDR)使用できることを出版しました (TB)。

「MDR-TB のための慣習的な処置は患者に有害 (有毒) である TB の薬剤 (抗生物質) の組合せを使用します。 患者を使用して私達の新しいアプローチは」、骨髄の stromal セルを所有するために安全で、克服し、ボディの余分な炎症性応答を、修理し、そして再生し肺組織への発火誘発の損傷を、そして改良された治療の原因となります評価します」、説明します Markus Maeurer ストックホルム、研究を導いたスウェーデンの Karolinska 大学病院からの教授を助けることができます。

WHO は 450 の 000 人にこれらの半分のまわりで MDR-TB が、およびあるその東ヨーロッパ、アジアおよび南アフリカ共和国を既存の処置に答えないことを推定します。    

TB の細菌は免疫の機能障害および組織の損傷を引き起こすことができる周囲の肺組織および免疫細胞の炎症性応答を誘発します。 骨髄の mesenchymal stromal セルは (MSCs)肺傷害および発火の領域に移行し、傷つけられたティッシュを修理するために知られています。 それらはまたボディの免疫反応を修正し、 TB の細菌のクリアランスを後押しできます。

標準 TB の抗生の処置を受け取る老化した MDR のこの段階 1 の安全調査、 30 人の患者または XDR TB 21-65 歳でまた自身の stromal セルのおよそ 10,000,000 の注入を与えられました。 セルは患者の自身の骨髄から得られましたり、そして同じ患者に再 transfused であることの前の実験室の大きい番号に培養されました。

MSC の注入は一般に安全、よく容認された。 6 か月の間に、深刻で不利なイベント記録されました追わないで下さい。 共通の等級 1 か 2 の不利なイベントはコレストロールが高いレベル (30 人の患者の 14)、悪心 (11 人の患者)、およびリンパ球減少症L または下痢 (10 人の患者) でした。

それ以上の分析は MSCs と扱われた 16 人の患者が MSCs と扱われなかった同じような病気の 30 人の TB の患者の 5 だけと比較された 18 か月に治されて考えられたことを示しました。

より多くの患者との教授のより長い直接追撃に従って Maeurer 必要 MSC 療法の安全そして効力を確立するためにです。 「段階 2 の試験で成功した患者の自身の骨髄からの stromal セルを得る為の手順慣習的な薬剤の処置に答えない MDR-TB を患者に比較的簡単、与えます実行可能な adjunctive 療法にでありまたは厳しい肺損傷とのそれら」は、彼は完了します。

ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン、イギリスからの教授を追加します、 「この小説の結果共著すれば Alimuddin Zumla 薬物対抗性 TB で不必要に停止する数十万人の人々を扱う流れが挑戦し、 MDR-TB を扱う難しさが乗り越えられなくないエキサイティングな調査ショー、および彼らは新しい解決との一義的な機会を持って来ます。 段階 2 の試験のそれ以上の評価は今緊急に MDR-TB および XDR-TB がいっぱい」。である南アフリカ共和国のような異なった地域の効力そしてそれ以上の安全を確認するために必要となります

、ロバート J ウィルキンソン帝国大学ロンドンリンクされた注釈に書いて、イギリスからの教授は TB に対してそれを結論を出す adjunctive 免疫療法の 「長い歴史」を論議します人間の結核の保護および病理学の免除を構成するものがまた更にである根本的な問題これら正確に分離可能であるかどうかの 「このフィールドは…の複合体比較的悪い理解です。 それにもかかわらず、特定の生物的療法の増加する範囲かある炎症抑制のエージェントの repurposing を調査する潜在性は興味を引き付け続けます。 比較的複雑で、高い MSC 療法は結合するかどうかこのリストは定められることを残ります」。

ソース: http://www.thelancet.com/

Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski