調査の発見によって事前包装される一定の食事は減量のもっとより自己指示された食事療法を助けることができます

Published on January 10, 2014 at 6:32 AM · No Comments

外皮の肥満そして食品研究の中心によって行なわれる調査は事前包装された一定の食事の準備が人々が自己指示された食事療法と比較されるより多くの重量を失うのを助けることができることが分りました。

HONEI (Humber の肥満の栄養教育および革新)、外皮のヨークの衛生学校の部分および外皮の大学は、自己食事療法と厳密な食事の準備を比較するイギリスの最初の制御された試験を引き受けました。

調査は食事療法の指針に単に続いた人と比較された 12 週間特定の食事の準備を食べたときにほぼ 3 倍その人々が重要な重量を失ったことが分りました。

イギリスの大人の 25% は肥満であり、肥満はタイプ II 糖尿病、心臓病および打撃のより大きい危険を含む準の健康上の問題の主要な公衆衛生の心配、です。

最初の体重の 5-10% の減量は疾病率および死亡率の重要な減少、および心臓病の減らされた危険で起因するために示されていました。

HONEI は外皮領域からの 86 人の関係者との 2 つの関連調査を行ないました。

スティーブン Atkin の HONEI のプロジェクト・リーダー教授は、言いました: 「これらの調査は減量の健全な量を達成できるかどれが食事療法する代替方法があることを示します。 重量を失いたいと思っている人々は彼らの食事を計画し、組織し、調理するかなり圧力の下に彼ら自身を置くことができます。  彼らのセットの部分サイズの食事をそれらに与えることによって、それは多くのこれらの追加圧力を取除きます。

「食事療法へのすべての食事の準備のアプローチに比較的短いある一定の時間の 5% の体重を失いたいと思う人々のための利点があります。 専門家からのサポートとの構成された減量プログラムを、独力でやってよりもむしろ引き受けることは、失い、維持の減量の重大な影響を作ることができます」。

最初の調査は 2 グループに関係者を分割しました。 1 つグループは一組の真空パックの食事療法のシェフの食事を残りの半分が食事療法の小冊子に続き、ソース自身の食糧なった間与えられました。

調査は 12 週後にそれを、食事の準備を失ったずっと自己指示された食事療法の 22% と比較された体重の 5% または多くを食べていた人々の 61% 見つけました。

最初の調査の後で、関係者はそれ以上の 12 週間へのまたは逆に食事の準備から自己食事療法変更するために監視され、オプションを与えられました。

24 週後で食事の準備の調査の関係者の 67% は彼らの体重の少なくとも 10% を失いました。

関係者は調査が 24 の週の調査の後で 12 か月に維持されて最初の減量がどのように対処したか見始めた 1 年後訪問されました。 調査の結果はまた規則的なサポートがあらゆる種類の重量のために有利失う政体をであることを提案します。

詳細については見ます喜ばして下さい:

D.D、 Whitham C. Goodwin S、 Morris M. Reid M. 及び Atkin S.L> の (イギリスのコマーシャルの 2013 年の) 減量をすべての食事の準備の調査円熟させて下さい: ランダム化された制御された試験。 J のハム雑音の Nutr の食事療法。 Doi: 10.1111/jhn.12171

ランダム化された 12 週の参加に起因する減量が太りすぎの大人の自己指示された食事療法とすべての食事の準備を比較する試験を制御した 12 か月後 Whitham C.、熟した D.D、 Goodwin S.、 Reid M. 及び Atkin S.L. の (2013 年の) 重量の維持上の。 J のハム雑音の Nutr の食事療法。 Doi: 10.1111/jhn.12178

HONEI は病気へ (Humber の肥満の栄養教育および革新) 認識された権限の検査の食糧および関係です。 HONEI は外皮の外皮のヨークの衛生学校そして大学からの一流の学者 (HYMS)そして臨床医で構成されます。

2010 年、 HONEI に進水が工業一流の組織のためのいくつかの研究計画をのような提供したので; Nestle、食事療法のシェフ、 Yoplait およびブート。

Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski