癌研究の達成のための AACR- ヨセフ H. Burchenal Memorial 賞を受け取る研究者

Published on March 3, 2014 at 1:55 AM · No Comments

ジョン F. DiPersio、 M.D.、 Ph.D は AACR の年次総会 2014 年の臨床癌研究の顕著な達成の蟹座の研究ヨセフ H. Burchenal Memorial 賞のための第 19 年次アメリカ連合と。、 4 月 5-9 日サンディエゴで、カリフォルニア保持されるために、認識されます。

この賞は 1996 年に臨床癌研究の顕著な達成を認識するために確立されました。 それは AACR の遅い先生のヨセフ H. Burchenal、名誉上のメンバーおよび過去大統領、および臨床癌研究および化学療法で主要な図指名されます。

腫瘍学の部分の DiPersio、責任者および Siteman の蟹座の次長はバーンズユダヤ人の病院に集中し、セントルイスの、 Mo ワシントン州大学医科大学院は幹細胞の移植の癌のゲノム、個人化された薬および革新の実験配列の彼の顕著な達成のために。、認識されています。 DiPersio は T 細胞機能、幹細胞の研究および激しい myelogenous 白血病の彼の専門知識のために国際的に認められています (AML)。 彼は彼の講議を、 「GvHD 対 GvL…示し、勝者はありますか」。 火曜日、 4 月 8 日、 4 サンディエゴのコンベンションセンターの部屋 20D の P.m。

「私は驚き、途方もなく AACR ヨセフ H. Burchenal Memorial 賞の今年の受信者として指名され、この著名な賞に以前勝った他の人と述べられるために名誉を与えられました。 この賞は私のグループ、友人、顧問、同僚、トレイニーへ実際に遺言であり、追求している私は私の生命を過ごしたこと臨床研究に加わったそれらの勇気がある患者」と DiPersio は言いました。

DiPersio の特定の研究の興味は stroma 白血病のセル妨害によって遺伝および後成療法を使用して接木対ホストの病気の制御、幹細胞の動員の生物学、 leukemic セルの増感、および de novo および再発した AML のゲノミクス含んでいます。 彼の研究は hematopoietic 幹細胞の mobilizer の plerixafor が周辺血に leukemic セルの動員を可能にし、化学療法にそれらに感光性を与える chemokine の受容器 CXCR4 を妨げることを示しました。 彼は再発した、処理し難い AML の chemosensitization のために G-CSF と組み合わせて plerixafor をテストするために臨床試験を始めました。 彼の長期目的は化学療法や allogeneic hematopoietic 幹細胞の移植の後で AML の再発に貢献する genomic および transcriptional 変化を識別し、特徴付けることです。 彼は現在複数の許可によって目指される AML の研究のプロジェクト・リーダーで、また熟練した調査官の新しい世代をトレインするように設計されているワシントン州大学に経歴開発プログラムの共同調査官です。

DiPersio は Williamstown、大容量。、およびロチェスター、ニューヨークのロチェスターの大学からの彼の医学および博士号のウィリアムスの大学から彼の学士号を受け取りました。 彼はダラスの南西医療センター Parkland の記念の病院そしてテキサス州立大学で見習い期間および在住を完了しました。 Parkland の記念物の主な常駐員として役立つことの後で、 DiPersio は、ロスアンジェルス (UCLA) カリフォルニア大学で血液学/腫瘍学の部分の団体を完了しました。 ワシントン州大学への彼の移動前に、 DiPersio はロチェスターの UCLA そして大学で能力で前に役立ちました。 さらに、彼は強い記念の病院、ロチェスターで骨髄の移植プログラムのディレクターとして役立ちました。

彼は国立癌研究所の科学的なカウンセラーのボードのメンバー、臨床調査のアメリカの社会、アメリカの医者、何人かの外部諮問委員会の連合で、彼のキャリア全体の彼の介入および任命および委員会に加えて他の多くの社会へ Hematopoiesis の血液学の科学的な委員会のアメリカの社会の椅子、です。

臨床癌研究の顕著な達成のための AACR ヨセフ H. Burchenal Memorial 賞はブリストル・マイヤーズスクイブによって寛大にサポートされます。

ソース: 癌研究のための年次アメリカ連合

Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski