6 つの次元はマニアの徴候の可変性を説明します

Published on March 21, 2014 at 5:10 PM · No Comments

ルーシーのパイパーによって、年長の medwireNews レポーター

研究者はベストが両極マニアの入院させた患者の symptomatology を記述することを言うこと 6 要因潜伏構造を識別しました。

情緒的な無秩序および (EFA)精神分裂症のためのスケジュールを完了した 117 人の躁病の入院患者から得られたデータの探険の因子分析法は不況、自殺、不眠症、マニア、精神病および心配を含んでいた 6 要因解決を明らかにしました。

解決はジョンソン等、 Swann 等およびロジャースによって 3 つの他のモデルの横の現在のデータを等見た確証的な因子分析法で確認されました。

6 要因解決は Swann 等のモデル、アルベルト Filgueiras によって導かれる研究者に一致して現在のモデルの次元がロジャース等が提案したちょうど 4 つの要因から成っている構造に非常に異なった、より類似していたことに (Pontifícia Universidade Católica はリオデジャネイロ、ブラジルをします)、注意しますありますが。

実際に、心配/心配する悲観論および精神病は Swann のモデルと等重複した現在の解決の唯一の次元でした。

精神病とは違って、心配はマニアの患者のために典型的考慮されません、従って躁病の患者が躁病のエピソード自体によって引き起こされる暗示心配を経験するかもしれないか、または何人かの患者が躁病のエピソードの間に拘束の状態が心配する原因で感じることを研究者は仮定します。

彼らは仮説が両方とももっともらしいと、そしてマニアに於いての心配の役割を定めるためにそれ以上の研究が必要であると言います。

現在の EFA の解決はマニア、不況を含み、ジョンソン等およびロジャース等のモデルに一致してあった、および等また含まれていた不眠症の徴候を模倣しますロジャースのような精神病は。

これらは躁病の患者で珍しくないですが、不眠症が躁病の要因でなぜロードしなかったか研究者は質問します。 彼らは躁病の患者が不眠症を別様に経験するかもしれないことを提案します; それらによくスリープの状態であっていない、または自身の不眠症に気づいていない重要ではないかことを感じる、ことを。 また、不眠症は双極性障害の重大度と関連付けることができます。

現在の EFA の解決はまた特定の次元として自殺を識別しました。 「これはヨーロッパの精神医学に自殺徴候が憂鬱な徴候間で現われがちであるので予想外の結果」書きますチームをでした。

それらは躁病の患者が積極的な動作、 impulsivity の拒絶または苦痛による自殺傾向を示すかもしれません、また不況ことを提案します。

研究者はマニアの間に徴候の変動を説明すると parsimonious モデルが見つけてなかったですが徴候が余りにも多様 4 つか 5 つの要因で説明されるにはかもしれないことを提案します。

「Swann 等のモデル […] 現在の調査で EFA と次元の同じ番号を」、彼ら指摘します示しました。 「これはおそらくことをマニアが複雑である意味し、示します普通 3 つの次元を。より徴候のより多くのグループを」示す精神分裂症

Licensed from medwireNews with permission from Springer Healthcare Ltd. ©Springer Healthcare Ltd. All rights reserved. Neither of these parties endorse or recommend any commercial products, services, or equipment.

Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski