州の努力のライス大学の分析は空気中浮遊微粒子の問題の減少で劇的な利得を示します

Published on March 29, 2014 at 7:21 AM · No Comments

最後のディケイドの各国用の努力は危ない粒状物質の空気を取り除くためのほとんどの都会が既にずっと次の基準を達成してしまったほどライス大学によって新しい研究に従って正常、です。

米の大気研究者は 2009 年までに 1 立方メートルあたり 15 (SIPs) マイクログラム以下に粒状物質を減らすために環境保護庁によって統治を委任された (PM) 23 の領域からの州の実施プランを小さいより 2.5 ミクロン (PM 2.5) 調査しました。

米の分析は空気および廃棄物管理連合のジャーナルで今週書かれています。

調査された領域の 1 つを除いてすべては報告しました死回線によって目的を達成したことを。 死回線を守った領域の州はコネチカット、ジョージア、イリノイ、インディアナ、ケンタッキー、メリーランド、ミシガン州、ミズーリ、ニュージャージー、ニューヨーク、ノースカロライナ、オハイオ州、ペンシルバニア、テネシー州およびウェストヴァージニア、またコロンビア特別区含んでいました。 最終的な領域、 2010 年に達成を報告されるアラバマ。

2009 によって標準を達成するために一口をファイルした nonattainment 領域の PM 2.5 の集中は 1 立方メートル - 開始からの標準を達成した領域のよりかなり大きい改善あたり平均 2.6 マイクログラム低下しました。 調査は SIP 領域の PM が正確に示された汚されたモニタよりもむしろ減少広く、最高で広がったことを示しました。

「クリーンエアーが人々によってが呼吸していたのは比較されてダウンさせるために水平にするすべてを地域全体で」、は言った、ダニエル Cohan を米の市民および環境工学の助教授していたかどの位と私達が見ることに最も興味がある事の 1 つ最も悪いモニタことをで汚染の減少によって標準に合う状態がチェリー・ピッキング手段だったかどうか見ることからです。

それを全国各地から見つけるために 「それは有望私達来るのを見ました全面的な微粒子問題のレベルがでした。 私達はほとんど目標とされたが、成長しなければならなかった領域は計画どうしても最も悪いモニタを正確に示さなかったかなり固体制御を達成しましたモニタで非常にわずかな余分改善を見つけました。 そしてこれらの領域の大きい人口は寄与しました」。

2009 の標準の後でさえも低下し続けた大気汚染が会ったこと Cohan および米の校友はまた文書化された陳を実行しました。 SIP 領域の大半は 2012 年までに既に 1 立方メートルあたり 12 マイクログラムの統治を委任された 2014 年の目的を達成してしまいました。

「私達はよい弾道にありました」と Cohan は言いました。 「これは国家および中央政府制御の組合せが大幅にずっと米国のエア・クオリティを」改善していることを示します

PM が危険なレベルに達したと急速に工業化の進行中の危機についての最近の物語はインドのような国鋭い救助の米国の努力をセットしましたと北京 Cohan は言いました。 世界保健機構は約 7 百万人が大気汚染の露出の結果として毎年停止することを今月発表しました。

粒状物質は手段および企業によって空気に吹き出される顕微鏡の粒子から成っています、また汚染物質から形作る粒子はガスを供給します。 「粒状物質はオゾンのような化学薬品、ではないです; それはカテゴリであり、それらの粒子の起源を把握する真の挑戦です」と Cohan は言いました。 「それらは硫酸塩またはカーボンまたは硝酸塩ですか。 これらのそれぞれは違いを生じることを必要とします著しく異なる制御アプローチが」。

PM はまたプラント、火山、森林火災および砂漠の塵からの自然な放出を含み、州また更に大陸を渡って吹くことができます。

健康のコミュニティは 90 年代に、 PM 2.5 の粒子が肺に深く突き通り、心臓発作、減少肺の機能を引き起こし、早死にを引き起こすことができることを Cohan は言いましたり、長く粒状物質についての心配を大気にそして定められる表現してしまいました。 EPA は健全な人々が露出からの一掃の計画をファイルし、 2009 年までに続くべき 「nonattainment で」いると 1997 年に考えられた領域のための粒状物質およびセットの命令の上昇値への徴候を経験できることを見つけました。

調査は PM のための一口の全面的な有効性を広範囲の、回顧の見てみる第 1 でした。 Cohan および卒業生アンドリュー Pegues による前の調査はオゾン標準の達成の州によって進歩の同じような分析を行ないました。

ソース: ライス大学

Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski