双極性障害にパスに信号を送るメタ分析リンク

Published on April 23, 2014 at 9:14 AM · No Comments

ローラ Cowen 著、 medwireNews レポーター

ゲノム全体の連合の調査のメタ分析は双極性障害を開発するために遺伝の性質にかかわるかもしれない 6 つの生物的パスを識別しました。

C、信号を送るグルタミン酸塩の信号を送る受容器信号を送る信号を送り、心臓にβ adrenergic 信号を送り、ホスホリパーゼ、 corticotropin 解放のホルモンのためのパスは endothelin 1 そして心臓に肥大の信号を送ることジョン Nurnberger (、インディアナポリス、米国インディアナ大学システムの医科大学院) および同僚が行なった調査の双極性障害とのすべてのかなり準でした。

研究者は最初に 2つ以上の等価異形暗号含まれている分析された 4 つのゲノム全体の連合の調査の少なくとも 3 の双極性障害と (5253 の両極ケースおよび 6874 の制御を双極性障害なしで構成します) 関連付けたこと 966 の重要な遺伝子 (p<0.05) を識別しま。

これらの、 226 の遺伝子は線形回帰モデルを使用して経験的に重要ように分類され、パスの分析に選ばれました。 これは続いて複製のデータ・セット (n=3507 ケースおよび 4889 の制御) でテストされた 17 の重要なパスを識別しました。

複製の分析は両方のデータ・セットの双極性障害の患者でかなり過大代表された 6 つのパスを強調しました。

「これらのパスすべては G 蛋白質および第 2 メッセンジャーシステムを含んで、信号を送ることを含み 1 つが (心臓β adrenergic シグナリング) 核遺伝子の規則」を含む以外すべて、 Nurnberger および共著者は JAMA の精神医学で説明します。

それらはパスに信号を送る corticotropin 解放のホルモンに双極性障害の最も強い連合が、統計的に、あった付け加えます。 このパスは hypothalamic 下垂体副腎システム、気分障害の調査で一貫して dysregulated 圧力の応答システムの指標、それら注意しますです。

データ・セットのそれ以上の分析はホルモンの規則および第 2 メッセンジャーシステムに、またカルシウムチャネルおよびグルタミン酸塩の受容器の遺伝子がかかわった、それらを含む 16 の遺伝子、 6 つの重要なパスを運転したことを示しました。 これらの遺伝子の 3 つ - CACNA1CGNG2 および ITPR2 双極性障害の患者の前頭皮質の dysregulated 表現があるために - は知られています。

さらに、研究者はいくつかが双極性障害の人々とそれらの間に外に表現されるために前に示されている遺伝子と特異的に重複した、神経の開発にかかわる 9 つの遺伝子 (CACNA1CDTNAFOXP1GNG2ITPR2LSAMPNPAS3NCOA2 および NTRK3) を識別しました。

結果が 「[双極性障害の] 神経生物学に関する特定の仮説を補強しがちで、新しいアプローチに処置および防止に」。糸口を提供するかもしれないことを Nurnberger 等は結論を出します

Licensed from medwireNews with permission from Springer Healthcare Ltd. ©Springer Healthcare Ltd. All rights reserved. Neither of these parties endorse or recommend any commercial products, services, or equipment.

Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski