心臓病の早い識別精神分裂症の患者のための優先順位

Published on April 23, 2014 at 9:14 AM · No Comments

ローラ Cowen 著、 medwireNews レポーター

冠動脈疾患の早い認識そして処置は言います病院で突然停止した精神分裂症の患者のための死体解剖データを調査した研究者を精神分裂症のすべての大人のための臨床優先順位にならなければなりません。

ピーター Manu (Zucker の山腹の病院、谷間のカシ、ニューヨーク、米国) および同僚は 1989 年から 2013 年までルーマニアの公共の、精神医学の教授病院に是認された 7189 人の精神分裂症の患者の医療記録を見直しました。 これらの、 57 は (0.8%) 突然そして予想に反して停止しました。

死体解剖は 51 人の (89.5% 人の) 患者 (平均年齢 56 の年、 57% の人) で行われましたりおよび心血管の無秩序がケースの 62.8% に発生する急死のコモン・コーズだったことを示しました。

これらは心筋炎との激しい心筋梗塞、 3 (5.9%)、膨張させた心筋症との 1 (2.0%) および haemopericardium との 1 の 27 人の (52.9% 人の) 患者を (2.0%) 含んでいました。

心筋梗塞の有無にかかわらず患者が年齢、たばこを吸う、体格指数または向精神薬の処置性の点ではかなり異ならなかったことに Manu およびチームは注意します。

それらは [精神分裂症の患者のより大きい] サンプルで確認されて」。患者の特定の脆弱性をとこの精神異常表すかもしれなければ、識別した心筋梗塞 「のレートが大きかったよりコミュニティサンプルのそれが付け加え、

11 人の (21.6% 人の) 患者は食糧膠灰粘土との肺炎、 4 つの (7.8% の) 航空路妨害 (laryngeal または気管)、および 1 つの (2.0% の) 大きい肺の embolus の 6 つの (11.8% の) 場合を含む呼吸器疾患で、停止しました。

神経学的な無秩序 - 1 回の haemorrhagic 打撃および 1 の脳腫瘍によって引き起こされた 2 つの (3.9% の) 死が - あり、 6 つのケース (11.8%) でポストモーテムマクロスコピックおよび組織学的な検査は特定の死因を識別しませんでした。 ただし、広範な冠状動脈硬化はこれらの患者の 3 で識別され、変更そして慢性の dystrophic 心筋の pericarditis は 1 人の患者それぞれに発生しました。

全面的な急死の高速にもかかわらず研究者は精神分裂症の急死の原因がコミュニティ住居の人口と厳しい精神障害なしで総合病院に是認される患者で観察されるそれらと異ならないこと調査結果が仮説をサポートすると言います。

精神分裂症の研究に書いて、チームは精神分裂症の患者のために急死のレートを 「減らすそれを必要とします医療のアクセスの精神医学の設定の冠状および diabetogenic 危険率の早期検出および処置、またパリティおよび品質だけ結論を出します。

「これらの重要な少なくともディケイドの間今強調されてしまった目的の、提供者、忍耐強いおよびシステムレベルの障壁を達成することは識別され、アドレス指定されなければなりません」。

Licensed from medwireNews with permission from Springer Healthcare Ltd. ©Springer Healthcare Ltd. All rights reserved. Neither of these parties endorse or recommend any commercial products, services, or equipment.

Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski