赤道ギニアは小児マヒに対して子供を免疫にするためにキャンペーンの序盤を進水させます

Published on April 30, 2014 at 11:42 AM · No Comments

赤道ギニアの政府は小児マヒに対して国家の子供を先週免疫にするためにキャンペーンの序盤を進水させました。 政府は世界保健機構、ユニセフ、国際連合の (WHO) (UN) (ずっと CDC) アトランタ、ビル及びメリンダ・ゲイツの基礎および他疾病予防対策センターをこの予防的なキャンペーンを実行するために密接に使用しています。

すべての国連機関がそれをサポートしていることにレオ Heileman の国連ある調整者は、重要性にキャンペーンのそして注意される重点を置きました。 「WHO およびユニセフテクニカルサポートを全国代表チームに伴うためにコンサルタントを経験するように動員し品質のワクチン接種のキャンペーンを遂行するために計画された作業を実行します」はと彼は言いました。  

「小児マヒ 5 歳以下大抵子供病気へのワクチンか前の露出によって作り出される低い免除のまた大人に影響を与えるが、非常に伝染病」は言いました Diosdado ビセンテ Nsue Milang、および社会福祉厚生大臣をです。 「それにより総か部分的なまひ状態を引き起こすことができます; これまでに、ワクチンは唯一の有効な予防のツールであり、ツールは達成しました西欧諸国の絶滅を」。

赤道ギニアは 1999 年以来の野生のポリオウイルスの例を記録しませんでしたと、 Nsue Milang は言いました。 彼らの子供に種痘する市民のための強い嘆願では彼は言いました、 「小児マヒは治すことができませんが、容易に管理されるワクチンによって防ぐことができます。 その絶滅はそれ以上の発生を防ぐために 15 歳以下のすべての子供が」。種痘することを必要とします

赤道ギニアの政府は世界保健機構からの勧告に続く序盤の進水前に小児マヒに対して予防策を取る必要性についての市民を教育するために情報キャンペーンを進水させました (WHO)。

序盤の情報のキャンペーンそして進水式の間に、 Obiang Nguema Mbasogo 大統領はワクチンの重要性に重点を置き、すべての親を 15 歳以下彼らの子供に種痘するように励ましました。 村議会の国家公務員、代表者、議長および近隣のコミュニティは目指した式にありま赤道ギニアの共和国の病気の絶滅を完了するためにこのメッセージを、すべての親と共有します。

第 2 段階は 6 月 10 日から 13 日 5 月 23 日から 26 日および三番目、政府によって後援されて起こります。

赤道ギニアのソース共和国

Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski