Micell の技術は DESSOLVE I および II を EuroPCR の会議の試験データ示します

Published on May 23, 2014 at 9:12 AM · No Comments

DESSOLVE I および II からの長期臨床結果がパリ、フランスの EuroPCR の会議で臨床試験今週示されたことを Micell Technologies、 Inc. は今日発表しました。 吸収性ポリマー冠状ステントシステムを溶離している主任調査官によるウィリアム Wijns、 M.D.、 Aalst、ベルギーの心血管の中心の Ph.D 提示は、 MiStent Sirolimus の長期臨床直接追撃の結果を強調しました。 MiStent SES は® 冠動脈疾患の患者で直る容器を最適化するように意図されている bioabsorbable ポリマーが付いている薄支柱の薬物溶離のステントです。

「MiStent SES の一義的なデザインの 2 つおよび 3 年データ長期安全および効力は」、 Wijns コメントされた先生示します。 「重大に、この新しいステントの水晶 sirolimus のコンポーネントは提供します 9 かまで月間ティッシュの薬剤の治療上のレベルを維持する長期ポリマー露出なしで長期薬剤配達を達成する遅い、制御されたリリースを」。

EuroPCR の提示は、 「十分に吸収性ポリマー」および 「DESSOLVE II の試験の結果を用いる Sirolimus 溶離のステントの DESSOLVE I つの最初の人間の試験および DESSOLVE の II ランダム化された試験からの長期臨床結果ありました: Bioabsorbable 急速なポリマーが付いている結晶の Sirolimus 溶離のステントの 2 年の直接追撃」。 DESSOLVE I および II では試験はあらかじめ定義された間隔の臨床イベントのために、ネイティブ冠状動脈の de 離散 novo の損害を持つ患者登録され、続かれました。 3 年の臨床直接追撃の評価は DESSOLVE I のために示されました; この時点で、 MiStent SES のためのターゲット容器のメースのイベントがなかったし、 2 非ターゲット容器の非Q 波の心筋梗塞は報告されました。 さらに、ステント血栓症またはターゲット損害の revascularizations の証拠がありませんでした。 2 年の臨床結果は DESSOLVE II のために示されました; この調査では、 MiStent SES のためのメースは 6.7% でした、確定がありませんでしたまたはありそうなステントの血栓症およびターゲット損害の revascularization は 1.7% でした。

 

Source:

Micell Technologies、 Inc。

Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski