前に探知されていないウイルスの検出、癌の突然変異の新しい癌のパネルの把握約束

Published on May 31, 2014 at 9:34 AM · No Comments

Sanford の健康および Chronix の Biomedical からの研究者は今日前に探知されていないウイルスおよび癌の突然変異を検出するために新しい癌のパネルのユーティリティを示すパイロット・スタディからの結果が 5 月 30 日から 2014 年 6 月 3 日シカゴの保持されるから臨床腫瘍学の年次総会 (ASCO 2014 年) (CNI) のアメリカの社会で 「新しい HPV の (NGS)突然変異の検出および次世代の配列を使用して oropharyngeal および laryngeal 癌の染色体番号不均衡と」 (抽象的な #6072) よばれるポスター提示で報告されるべきであることを発表しました。 パネルは慣習的な実験室試験、また (HPV)新しい無報告 HPV の突然変異によって探知されていないヒトパピローマウイルスシーケンスを識別しました。 毎年米国の HPV 準癌のおよそ 30,000 の箱があると推定されています。

調査では、研究者は laryngeal 標準 chemo 放射 (NGS)療法を経た oropharyngeal 癌患者および 10 の腫瘍準の突然変異を識別するために高度の次世代の配列の技術を適用しました。 制御として、再発の呼吸の papillamatous 患者からの 2 つのサンプルは分析されました。 単一の盲目にされた調査は慣習的な HPV のテストによってプラスでもマイナスでも行った患者からの切り取って検査された DNA を見ました。 新しいテストはだけ慣習的なテストが 4. を識別したサンプルの 6 の HPV シーケンスを識別しました。 新しいテストは HPV シーケンスのために否定的だった他の 5 つのサンプルの慣習的なテストと一致しました。 さらに、新しいテストは HPV のデータベースで無報告 HPV シーケンスに突然変異を前に識別しました。 更に、検出された染色体番号不均衡は oropharyngeal 癌に一貫していました。

遺伝の突然変異のための患者の癌を分析することはさまざまな制癌剤およびプロトコルを使用して予測の処置の結果のための基礎です。 現在、ほとんどの癌の突然変異は限られた予言する値の癌のゲノムの 1% 以下の焦点にパネルをはめます。 この調査から予備に見つけることは非常に拡大されたパネルを使用して臨床結果にこれらのウイルスおよび癌の突然変異に一致させるように設計されているより大きい計画された調査のための基礎です。 より広範な突然変異のパネルの使用によって、遺伝子検査の正確さは最適の処置の決定を予測するために非常に高められるべきです。

よりよい処置の決定の患者によ患者を作る 「これらの強力な新技術は私達がよりよく癌および機能に於いてのウイルスの役割を理解することを可能にしています。 次の調査ではリアルタイムに処置の効力を定めるために、私達は血ベースの液体のバイオプシーを使用して追うことを計画します」癌研究の教授をジョン H. リー言いました、 MD、部門、 Sanford の健康および調査の主任調査官。

「現在の技術は重要な処置の決定をするのにデータの限られた量を使用します。 この新技術は処置の意志決定の正確さを高めるのに私達が使用してもいい医学的に重大なデータの量を非常に拡大します。 ヘルスケア・システムにコストを非常に削減している間」、この新しい癌のパネルにかなり患者管理を高める潜在性があります調査の鉛著者を。、 Chronix の Biomedical の経営最高責任者言いましたハワード B. Urnovitz、 Ph.D。

「処置の効力の正確な予言が液体のバイオプシーによる週に。確認することができる治療上のオプションを導くことができるのでこの新しい広範囲の遺伝癌のパネル癌患者のための大きい利点との多大な貢献を」、は言いました Ekkehard Schutzz、 M.D.、 Ph.D 教授先生を。、 Chronix の Biomedical の主な技術の将校作ります。

Sanford の健康について

Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski