蛋白質キナーゼ相互作用は抗マラリア剤の抵抗を戦う新しい方法を提供します

Published on June 9, 2014 at 11:08 AM · No Comments

抗マラリア剤の抵抗の出現に関しては、それは質問の 「」しかし 「時」ではないです。 すぐに展開の Plasmodium の寄生虫 - マラリアの原因遅れずについていくためには - に病気を扱い、制御する新しい方法は見つけられなければなりません。 しかし今日の抗マラリア剤の多数は、 artemisinin のような大きい理解なしで、薬剤が実際に寄生虫をどのようにの殺したか開発されました。

ここで 2012 年に終了した EU の出資によるプロジェクト MALSIG は寄生虫の生物学に重要な洞察力を提供するかもしれません。 キナーゼはすべてのセルのパスに信号を送ることにかかわる重要な酵素です。 しかしプロジェクトの研究者はどの特定のキナーゼが寄生虫の循環期間の重要な役割を担うかのよい理解を得ました。 coordinatorGordon Langsley、パリ、フランスの協会コシャンの研究者を写し出して下さい、目標としてことを最も有望なルートの 1 つが新しい抗マラリア剤の開発にあるように信じますキナーゼを。 

なぜキナーゼか。 「それらが癌および他の多くの病気の薬剤ターゲットであるので」、 Langsley は youris.com を言います。 「早い制癌剤の鉛の一部は人間の酵素に非常に効果がありませんでした。 しかし考えはそれらが寄生虫の酵素に対して」。働くことができることです 成長以来新しい抗マラリア剤はほとんどの薬品会社のためのリストの上にありませんであるように、他の病気のための薬剤の開発で 「癌がマラリア研究の特に貴重なアプローチ鉄道で運んで」、彼は付け加えます。 

プロジェクトがある前進を持って来たのに、 Langsley は今でもセルでキナーゼ phosphorylate によってが、または、作動する蛋白質を識別するためにするべき膨大作業があることを言います。 phosphorylated、これらの蛋白質は阻止が細胞死の原因となる場合がある重要な細胞機能を行うことを続きます。 これらの蛋白質キナーゼ相互作用の詳細を理解することは研究者に人間でより少ない副作用を引き起こす新しい薬剤を開発する機能を与えます。 しかしまたそれは科学者が世界中ですべての Plasmodium の等価異形暗号間の共通の糸を見つけることを可能にすることができます。 そのような知識は有能なワクチンに導くことができます。

1 人の専門家は問題の大きさおよびプロジェクトの重要性を認めます。 「これは複雑で、大きい生物学です。 広の全ゲノムおよび proteome の広くアプローチは [キナーゼ] パスを理解するために必要となります。 そしてそれらの種類の技術はただちょうど現れています」、ジュリアンの Rayner のイギリスのケンブリッジの近くの Wellcome の信頼の Sanger の協会の年長のグループのリーダーを、言います。 「そう私はそれがプロジェクトはずっとターゲットの識別で非常に正常であるが、今でもするべきより多くの作業が」。あるという驚きであることを考えません

Rayner は 2 つの問題通常後部マラリア研究 - 資金調達および寄生虫の複雑さおよび独自性 -- を信じます。 「[マラリア] 経済的な上部がある他の病気よりより少ない関心を」、彼が注意する引く質問がありません。 Plasmodium の寄生虫はまた、人間のよう、 eukaryotic 有機体です。 これは細胞生物学が細菌またはウイルスのような他の有機体で見つけられるそれより複雑であることを意味します。 さらに、ゲノムは真核生物の他とかなり一義的、遺伝子のその位はっきり関連していませんです。 これらの特性はこのプロジェクトが重要であるように Rayner に従っておよびそういうわけで共同を調査するために成長の技術を、困難な Plasmodium 作ります。 彼はまた youris.com を言います: 「方法が順方向に最もよい方法である、従って私達は」。アプローチおよび知識を共有しなければなりませんそれは明らか常にではないです

しかし他の専門家はこの全体的な健康問題の解決への金切符がないことかかわっています。 「キナーゼを目標とすることは非常に貴重なアプローチです、私達が実際にこの寄生虫によって引き起こされる非常に複雑な循環期間のおよび病気に取り組みたいと思えば私達は」言いますマリア Mota、ポルトガルの分子薬のためのリスボンの協会の theUniversity の研究者をできるだけ多くの異なったアプローチを目標とするべきです。 

ソース: youris.com

Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski