覆いを取られる皮 SCC の腫瘍の開始を調整する分子メカニズム

Published on June 11, 2014 at 9:58 AM · No Comments

実際のところ高度のオンライン出版物: Université の libre de ブリュッセル、 ULB の研究者は皮の squamous セル癌腫の腫瘍開始および癌の幹細胞機能を調整する分子メカニズムの覆いを取ります。

Squamous セル癌腫は (SCC)世界で毎年影響される多くにより半分新しい患者百万人と 2番目に新し頻繁な皮膚癌を表します。 蟹座の幹細胞は (CSCs)、記述されていた皮 SCCs を含む多くの異なった癌で腫瘍の成長を入れ、癌細胞の人口、こうして療法の後で腫瘍の再発に責任がある療法に対して抵抗力があることができますです。 ただし、まだ少しだけこの癌の CSCs 機能を調整するメカニズムについて確認されます。

実際のところ出版される新しい調査では Pr によって導かれる研究者。 IRIBHM の Cédric Blanpain、 MD/PhD、教授および WELBIO の調査官、 Université の libre de ブリュッセル、ベルギーは、皮の squamous セル癌腫に於いての調整の腫瘍開始および癌の幹細胞機能に於いてのトランスクリプション要因 Sox2 のための必要な役割を示します。

Soufiane Boumahdi および同僚は、段階的切り裂くのに、 Sox2 が皮腫瘍の腫瘍開始および癌の幹細胞機能を制御する最新式の遺伝マウスモデル機能役割をおよび分子メカニズムを使用しました。 病理学 (先生およびサンドリーヌ Rorive Pr イサベルのサケ) の部門と Erasme の病院の皮膚科学 (Pr Veroniquee del Marmol) の部門からの医者と共同して、それらはことを Sox2 - Pr によって使用された 4 つの遺伝子の 1 示しました。 山中町はの 2012 年のノーベル賞の受賞者 pluripotent 幹細胞に、プログラムし直すためにまた正常な幹細胞の広い範囲の機能を制御すると知られているトランスクリプション要因、正常な表皮から不在マウスおよび人間両方に皮膚癌の初期に表現され始めたであるセルを区別しました。 epigenetics および癌 (Pr Sox2 が後成に調整されることを François Fuks) の実験室と共同して、彼らは示しました。 彼らは Sox2 の削除が tumorigenesis の間に Sox2 の必要な役割を示す皮膚癌の開始を防ぐことを示しました。 

皮膚癌からのセルを表現する Sox2 を隔離する遺伝のツールを使用して Sox2 が移植に腫瘍を改良する高められた容量の癌の幹細胞の人口を示すことが Soufiane Boumahdi および同僚は分りました。 Sox2 肯定的な癌細胞の人口の切除は Sox2 が自然環境内の腫瘍の維持の重大な役割を生体内で担うセルの人口を示すことをはじめて示す腫瘍の急速な収縮の原因となります。 急速に腫瘍が癌細胞」注釈 Soufiane Boumahdi かの 1 つの subpopulation だけ除去によって憶病、結局完全に消えてどのようにか見るために 「実際にすばらしかったです、この調査の最初の著者。

研究者は新しい癌の幹細胞の biomarkers を癌の新しい予言するマーカーを定義したりおよび/または癌の幹細胞を除去するか、または損なうために新しい治療上の作戦を開発するのに可能性としては将来使用することができる Sox2 肯定的なセルによって表現されて見つけました。 彼らはまた癌機能の多くの必要な面を制御する Sox2 によって調整された新しい遺伝子ネットワークの覆いを取りました。

結論として、この作業は癌の開始の早いステップからの癌の幹細胞の制御への皮の tumorigenesis の連続をマークすることが侵略的な癌で作用すると同時に Sox2 を識別します。 拡散および拡張を支えるのに癌細胞が正常な進化プログラムのいくつかをどのように再使用するか見るために 「魅惑的です。 また、 Sox2 を表現する癌の広い多様性を与えられて Sox2 肯定的な癌の幹細胞によって表現される新しいマーカーの識別および皮膚癌の拡散そして進行を支えるために Sox2 によって調整される遺伝子は他の癌と癌の幹細胞を目標とする新しい作戦の開発のために関連するために本当らしいです」。 注釈 Pr Cédric Blanpain、最後およびこの調査の対応する著者。

Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski