識別される両極サイクル加速にリンクされる要因

Published on July 3, 2014 at 5:15 PM · No Comments

エレノア McDermid 著、年長の medwireNews レポーター

研究者は気分のエピソードのための病院に是認される双極性障害の患者のサイクル加速と関連付けられる要因を識別しました。

これらの要因はタイプ I の双極性障害よりもむしろ女性ですこと、タイプ II を持っていることおよび経験を含んでいて情緒的なエピソードの重大度を高めます。

これらの変数は急速な循環を用いる患者で前に強調されましたが、サイクル加速に関連して少し関心を、言います Finseth (、トロンヘイムノルウェーの理工系の大学) ごとに導かれる研究者を引きました。

「こうして、現在の危険率はアクタ Psychiatrica Scandinavica に」、書きます再発の進歩的なパスの未来の調査に臨床エンティティをの [双極性障害] 提供することの [双極性障害] またの進歩的なコースの査定に有用かもしれません。

両極 I の無秩序とだれが病気のコースの間ある時点でサイクル加速を経験したか診断された 210 人の調査の関係者は女性はだれだったか 53.3%、 68.1% 両極 II 無秩序との 31.9% および 47.6% を含んでいました。 サイクル加速は患者に従って - いずれかの時点で気分のエピソード間の時間の進歩的な減少を経験したかどうか」情報を所有するために定義されました。

confounders を説明の後で、情緒的なエピソードの増加する重大度は両極 II 無秩序で次の最も強い連合がサイクル加速と最も強く準、でした。 具体的には、サイクル加速は不況を持っていることと否定的にマニアのための入院の番号と最初の気分のエピソードとして肯定的に関連付けられました。

これはサイクル加速が不況支配的な双極性障害と関連付けられることを提案し、研究者を言い、そして両極 I の無秩序の患者間でより少なく共通のなぜようであるか説明するかもしれません。

サイクル加速と関連付けられた次の重要な要因にアルコール使用か抗鬱剤によって誘発された hypomanic または躁病のエピソードがあっていました。 これは [抗鬱剤] およびアルコール後でシンドロームなしの間隔の持続期間の減少を用いる自発のエピソードの感光性を与えられたパターンを」開発する患者の小群の刺激的な最初の情緒的なエピソードに、等言う Finseth をかかわる仮説と一直線に 「あります。

彼らはトリガーとして抗鬱剤の使用がサイクル加速とひとりでに関連付けられなかったが注意しましたり、これがまれな要因で、それ以上の調査に値すると言いますことに。

最後に、女性の性はサイクル加速の可能性を高めました。 ともに、 4 つの要因は 87.2% の感度および 80.4% の特定性のサイクル加速の有無にかかわらず正しく患者の 83.7% を、分類しました。

Licensed from medwireNews with permission from Springer Healthcare Ltd. ©Springer Healthcare Ltd. All rights reserved. Neither of these parties endorse or recommend any commercial products, services, or equipment.

Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski