EGFR の biomarkers は vandetanib への NSCLC の応答を予測します

Published on August 20, 2014 at 5:15 PM · No Comments

ローラ Cowen 著、 medwireNews レポーター

黄道帯の調査からの腫瘍のサンプルの Biomarker の分析は表皮の成長因子の受容器の遺伝子の (EGFR)限定番号および突然変異の状態が docetaxel と vandetanib との処置から寄与するために (NSCLC)非小さセル肺癌の患者の多分識別を助けるかもしれないことを示します。

ランダム化された段階 III の黄道帯の調査が前に扱われるの精選されていない患者で docetaxel (75 mg/m 21 日毎に) の改善された進行なしの存続全面的ではない存続に vandetanib (100 つの mg /day) を対2 単独で docetaxel 追加するそれを局部的に進められるか、または (PFS) metastatic NSCLC 示したことを (OS)調査著者アンダーソンライアン (、イギリスオックスフォード大学) および同僚は説明します。

どの患者が NSCLC のための二番目のラインの処置として vandetanib から寄与するか EGFR の遺伝子の拡大、突然変異および蛋白質の表現および KRAS の遺伝子の突然変異予測したかどうか調査される現在の将来の biomarker の分析。

元の調査の人口からの 431 の前処理の腫瘍のサンプルの合計は計画された biomarkers の少なくとも 1 つの分析のために使用できました; 88% は immunohistochemistry (EGFR IHC+) によって EGFR 蛋白質の表現のために肯定的、 35% 高めました蛍光そのままの交配 (EGFR FISH+) の EGFR の遺伝子の限定番号を、 14% でした EGFR の突然変異 (EGFR MT+) のために肯定的であり、 13% は KRAS の遺伝子の突然変異 (KRAS MT+) のために肯定的でした。

研究者はかなりよりよい PFS (危険の比率 [HR] =0.61) および OS (HR=0.48) があるために docetaxel と vandetanib を受け取った EGFR FISH+ 小群の患者は本当らしく、よりよく客観的な回答比率 (ORR を持つために本当らしかったことが分りました; 確率の比率 [または] 単独で docetaxel を受け取った人より =3.90)。

同様に、 EGFR MT+ の腫瘍を持つ患者は docetaxel に vandetanib の付加と寄与するためにが本当らしかったです 0.51 および 0.46 のそれぞれ HRs とそしてまたは単独で docetaxel 対 3.34 の PFS、 OS および ORR の点では。

対照によって、 KRAS MT- の患者は利点 (PFS HR=0.75、 OS HR=0.87、 ORR OR=1.88) を示した、同じようなレベルでようですが EGFR の魚、 EGFR MT- KRAS+ の患者も精選されていない調査の人口で見られたそれに vandetanib の処置から寄与しなかった。

ない EGFR の魚腫瘍が EGFR FISH+ が、制限されないことを、 「EGFR FISH+ の腫瘍の vandetanib の利点が並行 EGFR の突然変異の患者に」。示します EGFR MT- の腫瘍を持つ患者が vandetanib の処置から寄与したことを後これの分析が示したことにライアン等は注意しま

彼らは調査が 「化学療法と組み合わせて EGFR の利点を提案しなかった前の調査が精選されていない患者に」。あったので EGFR FISH+ および/または EGFR MT+ の腫瘍との患者の docetaxel の化学療法および EGFR TKI [チロシンのキナーゼ抑制剤] の組合せはより詳しい調査の価値があるかもしれないという可能性を上げる腫瘍学の史料で完了します

Licensed from medwireNews with permission from Springer Healthcare Ltd. ©Springer Healthcare Ltd. All rights reserved. Neither of these parties endorse or recommend any commercial products, services, or equipment.

Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski