研究者はカをマラリア伝染により敏感にさせる菌類を識別します

公衆衛生の Johns Hopkins Bloomberg の学校の研究者はカの免疫組織を妥協するそれらをマラリアを引き起こす寄生虫との伝染により敏感にさせている菌類を識別しました。 環境の微生物が領域から領域に非常に変わることができるので研究者は調査結果が異なった地理上の区域のマラリアの流行の変化の説明を助けるかもしれないことを言います。

カは、人間のような彼らの環境のいろいろな微生物 -- に、絶えずさらされ、これらの細菌および菌類は多くの方法でカの健康に影響を及ぼすことができます。 マラリア研究者は - それから広がるため - マラリアに感染されるようになるために代りにカの可能性を高くするようである微生物を見つけた時最初にマラリアを引き起こすが、これはあり、寄生虫によって感染からのアノフェレスカのカを妨げるによって識別される微生物以前持っています。 調査結果はジャーナル科学的なレポートのオンライン 9 月 28 日出版されます。

「この非常に共通、自然発生する菌類はマラリア伝達の重大な影響があるかもしれません: それない殺すためカ、それはそれらに病人を、感染されるようになるためにちょうどそれらの可能性を高くし、それにより病気を広げるため」、調査のリーダージョージ Dimopoulos 言います、 PhD、 MBA の Johns Hopkins マラリア研究所の Bloomberg の学校そして次長の分子微生物学そして免疫学の部門の教授をしません。 「この菌類がマラリア制御作戦の一部として有用でまずない間、かなり私達の見つけることはマラリアの伝達に」。影響を及ぼす異なった要因の私達の知識を進めます

マラリアはアノフェレスカのカが Plasmodium の寄生虫に感染し、健全な人間をかみ、感染させることを続くとき引き起こされます。 カはいつ Plasmodium の寄生虫に感染する人間でかみ、入れるか感染させるようになります。

調査のために、 Dimopoulos および彼のチームは - フィールドつかまえられたアノフェレスカのカの腸からの…ペニシリウムの chrysogenum の菌類 - 私達に抗生のペニシリンを与える菌類の同じ系列のメンバーを隔離しました。 彼らは存在がカをマラリアを引き起こす寄生虫によって感染にはるかに敏感にさせたことを定めました。 菌類、彼らは、妥協していましたマラリア原虫をに可能にするカの免疫組織をより容易に感染させますそれらを見つけました。

世界保健機構に従って、大体 214,000,000 のマラリアケースおよび推定マラリア死 438,000 2015 年に世界中にありました。 サハラ以南のアフリカは全体的なマラリア重荷の不釣合いに高い分け前を運び続けます。 2015 年に、領域はマラリアケースの 89% およびマラリア死の 91% にホームでした。

科学者はまだマラリアに対して有能なワクチンを見つけるために働いています。 他の作戦はマラリア原虫からそれらを免疫があるようにするために量のマラリア運送カを制御するために殺虫剤に吹きかけ、遺伝的にカを修正する方法を開発するマラリア伝染を引き起こす蚊に刺されたあとを防ぐことに焦点を合わせました。

Dimopoulos はペニシリウムの chrysogenum の菌類がカの生物学の点では調査されなかったことを言います。 菌類が研究者がこと実際にマラリアを引き起こす寄生虫に感染されるようになることからのブロックのカ識別した他の複数の細菌のように機能することを彼および彼のチームは望みました。 この菌類は実際に伝染を悪化させるようであるのにまだマラリアに対する戦いの研究者を助けることができます。

「私達に答えるのを私達がなぜを含んでカの存在が同じのときある領域のマラリアの伝達を高めた他」とかこれに見つけることは私達が助けることを私達が望む質問があり、彼は言います。 「これは与えます私達に複雑なマラリア困惑の別の部分を」。

Dimopoulos はそれらが実験室でするようにフィールドの研究が実際のところかどうか菌類の影響のカ同じように見て必要であることを言います。

ソース: 公衆衛生の Johns Hopkins Bloomberg の学校

Advertisement