調査は卵巣の取り外しと心臓病、癌および死亡率の高められた危険間のリンクを見つけます

ウォーリック大学によって導かれる調査は子宮摘出術の間の卵巣の取り外しと心臓病、癌および早死にの増加間のリンクを見つけました。

調査は主題で行なわれる種類の最も大きく、 10 年のピリオドをカバーしました。 それは 1 つがあったまたは除去されたどれもなかった人と除去された両方の卵巣温和な病気のために扱われた女性を比較しました。

作業はピリオド 2004 年 4 月から 2014 年 3 月の間に老化した女性 35-45 の 113,679 の例を見ました。 調査された患者の三番目に除去された両方の卵巣がありました。 温和な病気の premenopausal 患者の子宮摘出術の時間のすべての卵巣のティッシュのタイトルを付けられた取り外し対卵巣のティッシュの節約: 定期的なデータおよびデータ連結を使用して調査は BMJ で調査出版されました。

両方の (両側のある) 卵巣があった人より子宮摘出術が除去した後 1 つがあったまたは除去された卵巣は虚血性心疾患 (冠動脈疾患) または癌を開発してまずなくなかった女性ことが分りました。 研究者はまた 1 つを保ったまたは両方除去した人と比較された両方の卵巣停止した少数の女性がことが調査 - 1.01% と比較された 0.6% の継続時間内に分りました。

両方の卵巣の取り外しが卵巣癌のそれに続く開発から保護するが、研究者はこの利点が心循環器疾患と他の (より流行する) 癌およびより高く全面的な死亡率の高められた危険の費用で来ること premenopausal 女性が助言されるべきであることを信じます。

調査はリチャード Lilford の教授および Warwick の Warwick の衛生学校の大学の公衆衛生の産科学および婦人科学の椅子によって導かれました。 彼は言いました: 「卵巣癌の彼女達の危険が両方の卵巣の外科取り外しによって非常に減ること女性が助言することができること生物的妥当性の組合せおよび大きい 「効果サイズ」は強制的なケースを作ります。

「しかし、卵巣癌を開発する寿命の危険はイギリスの 52 の 1 であり、卵巣のような変形を伴って実行中器官の取り外しは悪影響を長期でもたらすかもしれません。

「その場合、これらの長期不利な点は (激しい oestrogen の剥奪の不愉快な短期の効果と結合される) 卵巣癌からの保護によって利点に対して相殺されなければなりません相談しました」。

入院許可の各国用のデータベースは研究者によって検査され、死の国内登録にこの全国的な調査を行なうためにリンクされました。 前、より小さい看護婦の健康の調査、それはとは違ってサンプルのよりもむしろ全国的な基礎で行なわれ、操作のタイプとそれに続く入院許可間の連合、また死亡率を検査しました。

生殖癌のための特定の危険率無しの女性の 40% 35-45 年齢別グループで彼女達の卵巣を腹部の子宮摘出術の間に除去してもらいました。 Lilford 教授は言いました: 「これは私達は報告したこと両側のある取り外しを用いるより悪い健康の結果を十分に把握していた女性間で期待されなさいより高い比率であるかもしれません。 そのケースでは、私達は卵巣癌の入って来られたより鋭い焦点の減らされた発生のために」。交換されなければならない健康を損う危険性として低下するために両側のある卵巣の取り外しを選ぶ女性の割合を待つかもしれません
興味のもう一つのポイントは見つけられた調査チーム行われた子宮摘出術の番号の低下、とはいえ遅い 1、でした; ほぼ 9,000 人の女性は 2014 年にターゲット年齢幅で温和な状態のための子宮摘出術を 2004-05 年にほぼ 13,000 と比較してもらいました。

研究者は好もう程に詳しくなかった使用できるデータが、特に持たなかったホルモン補充療法の使用の情報をことを是認します。 ただし彼らは長期にわたる傾向を検査するためにグループを後日再検査することを計画します。

ソース: http://www2.warwick.ac.uk/newsandevents/pressreleases/removal_of_ovaries/

Advertisement