自己免疫疾患への RNA のリンク

4 月 Cashin-Garbutt 著先生との Chase Spurlock、 CEO、行なわれる IQuity インタビュー、 MA (Cantab)

長い非コーディング RNAs (lncRNAs) は何ですおよびどのようにメッセンジャー RNAs (mRNAs 異なります) とか。

それで、生物学の中央教義は DNA が RNA を作り、 RNA が蛋白質を作ることを示します。 ただし、多くの異なったタイプの RNAs があり、それらの 1 つだけは、伝令RNA (mRNA)、蛋白質をもたらします。 ある他は蛋白質を全然作りません。

ヒトゲノムのマップが完了したときに、機能が識別されなかった DNA シーケンスの伸張があったことが気づかれました。 私達は呼出しましたこれらの領域 「がらくた DNA」。を しかし後でディケイドに、私達は今実際はこの 「がらくた」が種類の生物的機能を出している、 1 つの方法は長い非コーディング RNAs の生産、か lncRNAs を通ってありますことを認め。

lncRNAs は遅い 2000s に RNA の分子の新しいクラスとして主に現れ、私達はまだ十分に彼らの重要性を認識することを試みています。 lncRNAs は蛋白質をもたらしませんが、頻繁に近くの他の遺伝子の強力な調整装置です。

QuantStudio リアルタイム PCR システム

ジョン T. Tossberg、 M.S. IQuity の年長の科学者は QuantStudio リアルタイム PCR システムを使用して、忍耐強いサンプルの遺伝子を分析します。

IQuity の研究はなぜ lncRNAs にありますか。

IQuity は lncRNAs に - 近似性で lncRNAs を持ちなさい免疫組織で重要である、の多数および有効な免疫反応の取付けに於いての演劇の重要な役割蛋白質コーディングの遺伝子、 mRNAs ので興味を起こさせられました。 従って私達の興味は私達を有罪によ連合の作戦を考慮するために導きました。 私達は私達が重要であるために確認した近くの mRNAs および共同表現された lncRNAs を捜すこの領域の私達の研究を図表にし始めました。

私達はその場合、セルの機能か表現型を変えるために lncRNA を調整できればこれらの lncRNAs が遺伝子の隣りに影響を及ぼしていたかどうか調査しました。 答えは YES でした。 そうそして次の質問これらの lncRNAs は免疫組織の自己免疫疾患か病気を扱うためにありましたり、たたかれるでしようか。 私達はそのを把握するより多くの時間をやや必要とします。

その間、私達は知られていた lncRNAs の表現を調査し、それら私達自身を識別しま、それらが病気にかかった、非病気にかかった患者で表現を水平になる変えたかどうか見ることを試みます。 私達が見つけたものは lncRNA の表現の相違が私達の患者数間でずっと超過する私達が mRNAs と観察したあることが、従って私達は lncRNAs をさらに詳しく探索し始め、この作業を将来続ける何でも水平になることです。

どんな発見を今のところ自己免疫疾患の RNA と診断間のリンクにされましたか。

遺伝子発現の相違は自己免疫疾患を含む多くの条件を渡る多くの年の間、探索されました。 早い 2000s では、マイクロアレイの遺伝子発現の技術の発明は私達に多くの知られていた遺伝子の表現のレベルを同時に選別する機能を急速に与えました。

これらは早く本質的に表現の相違がかなり適度である場合もある mRNAs に焦点を合わせられて調査します。 現在短い非コーディング RNAs または lncRNAs であるかどうか、私達に mRNAs しか選別しない機能があるがまた非コーディング RNAs けれども。 これは最後の 10 年にわたって現れた技術を配列する全ゲノムの RNA を通して本質的に達成されました。

JAMA の神経学の最近の記事は短い非コーディング RNAs をハーバードの使用でグループを強調しました。 MRI の調査結果に従って、これらの microRNAs は多発性硬化の患者で変更しました。 それはちょうど 1 つの最近の革新であり、他の人々が RNA のレベルで有益な情報を見つけていること更に補強します。

科学界の多くの人々は RNA を調査して、私達の研究で私達は lncRNAs に焦点を合わせ、診断過程の彼らのユーティリティを探索します。

私達は次に私達のデータが RNA のレベルで含まれている、多発性硬化、過敏性腸症候群、 Crohn および結腸炎を含んでいる炎症性 (MS)腸病気 (IBD (IBS)、) のための成長テストに、および、慢性関節リウマチ、ループスおよび fibromyalgia すぐに託されます途方もない (RA)情報を強調することを信じ。

私達は自己免疫フィールドの提供者のための一義的なツールを提供しようと思っています。

VIAFLO 96 チャネルのピペット

ジョン T. Tossberg、 M.S. の IQuity の年長の科学者は、実験室のサンプルのより速く処理を可能にする VIAFLO 96 チャネルのピペットを使用します。

条件はなぜずっと fibromyalgia のような従来診断しにくいですか。

最後のディケイドまでの上で、私達は限定的な診断をするために続くべき診断規準を持ちませんでした。 Fibromyalgia は臨床診断に残り、排除の 1 時です。

リウマチ学 (ACR) のアメリカの大学は接合箇所の fibromyalgia、これらの rheumatic 病気の原因の発火およびティッシュとは違って時々 fibromyalgia が慢性関節リウマチかループスと混同することを、および示します。

Fibromyalgia は筋肉腱の接続点のボディをくまなく広まった苦痛によって、一定時間にわたり特徴付けられ、私達は fibromyalgia の診断で着くためにシステムを集成できたこと ACR がボディのある特定の柔らかいポイントの証拠を必要とするこれらの診断規準と出て来たまでありませんでした。

広く使われた実験室試験の多数は他の可能性を除くために見て、私達はまだ fibromyalgia を識別する限定的なテストを見るために持っています。

私達の研究は fibromyalgia シンドローム、ラジウムおよびループスの患者が非常に一義的な RNA の遺伝子発現の署名を表わす、これらの相違は測定可能ですことを示し。 このツールが提供者にクリニックの名誉棄損となる情報を提供しようとしている私達は非常に有望です。

どのように lncRNA 情報を使用してそのような条件について診断を克服されるでしよう考えますか。

私達はそれらが患者を助けてもいいように提供者に最もよい情報を与える私達の力のすべてをしようと思っています。 lncRNAs の調査は科学フィールドの実行中の調査の領域であり、多くの人々がちょうど今探索し始めていること臨床応用への表現そして機能をリンクすることは何かです。 私達の分析的なアプローチによって、私達は RNA のレベルで含まれている情報によってふるい分け、臨床決定をするために医者がてこ入れできるツールを発達させできます。

IQuity は健康 (NIH) の小企業の革新の研究計画の各国用協会から最近 $150,000 許可を (SBIR)受け取りました。 どのようにこの許可を使用するために計画しますか。

IQuity は更に fibromyalgia および他の rheumatic 病気という点において lncRNA の生物学を探索するのにこの許可を使用する行っています。 私達は多発性硬化の lncRNAs を調査するために同じような許可を去年受け取りこれらの調査は私達の予想を超過し、ずっと大きかった lncRNA の表現パターンで相違をより私達望んだかもしれない示しました。

この賞は私達が fibromyalgia シンドロームおよび他の rheumatic 病気と診断された多数の患者を渡るリウマチ学の同じような仮説をテストすることを可能にします。 私達は lncRNAs とこれらの病気間の接続を造るために見ています。 幼年時代の大将の残物の rheumatologic 病気そして自己免疫疾患という点において lncRNAs。 私達は生物学のこの領域を図表にする第 1 の中にあるために非常に興奮します。

IQUITY のプロセス infographic

IQuity の視野は何ですか。

私達はそれらがここまでの上で持っていなかった私達の分析的なアプローチによってそれらに情報へのアクセスを与えることによって医療サービス提供者を持つパートナー行うように努力します。 私達は販売するために追加テストを持って来るための私達の研究開発の努力を続けることを計画します。 私達はそれらが最もよい御馳走これらの挑戦的な病気できるように提供者に可能な最もよいツールを持ってほしいです。

何自己免疫疾患の患者のための未来の把握を考えますか。

よりよい処置と、また結果をよくするために導くべきである病気のマネージメント戦略をつながれるよくして下さい、診察道具。

IQuity で、私達はまた実行中に病気の作業を測定し、患者の病気の段階を追跡するのに使用できるツールのずっと開発を熟視しています。

私達が直接に消費者会社ではないが、私達に私達の心で消費者があり、私達の作業の主要な焦点はこれらの自己免疫の条件に苦しむ患者です。 私達は患者が長い、豊かな人生を導くのを見たいと思います。 私達は自己免疫疾患のような慢性の病気の有害な結果を軽減してもいいように私達が情報と彼らの提供者を武装させてもいいことすべてをしています。

読取装置はどこでより多くの情報を見つけることができますか。

私達のウェブサイトは IQuity.com です

先生について Chase Spurlock

追跡 Spurlock先生追跡 Spurlock は患者のための改善された診断戦略に自己免疫の条件と基礎科学の発見を変換することに努力しています。 IQuity の CEO として、彼は会社のすべての面の日常の手落ちが視野および代表団が実現されることを保障しますありま。

Spurlock 先生の出版された作業は自己免疫疾患のための分子的機序を探索し、更に多様な一組の遺伝子発現および次世代の配列の技術を含む genomic および生化学的なアプローチにてこ入れするこれらの病気の管理の治療上のターゲットを検査します。

Spurlock 先生は彼が部門の名誉の生物学の彼の学士号を、優等で、受け取った南の大学のファイのベータΚの卒業生です。 彼は彼が顕著な研究のためのシドニー P. Colowick 賞を与えられたヴァンダービルト大学の医科大学院からの微生物学そして免疫学の彼の Ph.D を得ました。

Advertisement