調査: 前立腺癌の患者およびメスパートナーの苦脳の減少で有効な教育セッション

前立腺癌およびパートナーを持つ両方の患者で苦脳を均等に軽減するために助けられる最近の調査、教育セッション。

セッションのパートナーの存在は苦脳の軽減で患者に
の前または後セッション苦脳か成功セッション影響を与えませんでした。 また、 sociodemographic 
および臨床特性は苦脳の
のレベルに対する僅かな影響をもたらしました。

調査のために、 71 人の患者および 48 人のパートナーは泌尿器科医および放射の腫瘍学者と同時に相談する前立腺癌の生物学および処置で情報を提供した、また機会に出席しましたセッション。

「私達の教育セッションは前立腺癌を持つ人間の前処理の苦脳の減少で正常でした。 しかしそれより多く私達はセッションがパートナーのために均等に有効だったことが」、言いましたリンジー Hedden、 BJU の国際的な調査の主執筆者先生を分りました。 「これはパートナーが頻繁に前立腺癌を持つ人自身より苦脳および心配のハイレベルを経験するので重大です。 私達の研究はパートナーに支える心配サービスが患者にだけ目標とされるべきである」。また下線を引きますという事実に Hedden 先生はまた患者の健康状態が彼らのパートナーのそれにリンクされるので、パートナーを必要性を世話しないことは患者に結局は有害かもしれないことに注意しました。

ソース: http://newsroom.wiley.com/press-release/bju-international/educational-session-helps-alleviate-distress-prostate-cancer-patient

Advertisement