研究者は neuroblastoma の患者のためのよりよい予想を予測する遺伝の突然変異を識別します

UPV/EHU および Achucarro の中心の研究者が加わった共同作業はこの病気の処置の改善を助けるある遺伝の突然変異を識別するのに役立ちました

交感神経系の幼年期癌の年次死亡率、か neuroblastoma は、 0 および 4. の年齢の間の百万ごとの 10 です。 バスクおよび Valencian 研究者間の共同作業はこの病気の処置の改善を助けるある遺伝の突然変異を識別するのに役立ちました。

バレンシアの Instituto de Investigacionn Sanitaria の La Fe (医療研究 La Fe の協会) の研究者はバスクの国の UPV/EHU 大学で、 José Luis Zugaza と共同して、ハイメ Font de Mora Ikerbasque の研究者によって導き、 「神経科学のための Achucarro バスクの中心は」の NGS (配列している次世代) の識別された突然変異によって neuroblastoma の患者のためのよりよい予想を予測する Tiam1 遺伝子で、持っています。

neuroblastoma は幼年期でより頻繁な固体、 extracranial 腫瘍です。 それはすべての小児科癌の 7% を占め、死の総数の 15% の原因で幼年期の oncological プロセスに起因します。 それの発生は百万人の子供あたりの 8 つそして 10 のケースの間で及びます。 neuroblastoma のグループの例は記述されていましたが、極めてまれです。 今、それはこのまれなタイプの癌がどのように起きるか知られません。

調査はこの病気の進行を予想するこれらの突然変異が Ras および Rac GTPases にそしてまた Myc と関連するさまざまな Tiam1 領域にあることを明らかにします; これらの蛋白質はすべてこのタイプの癌の病因学そして進行にかかわります。

結果は異なったタイプの癌のためのターゲットを取扱う作業を専門にするジャーナル Oncotarget で出版されました。 これらの結果は従って Tiam1 によって signalosome 制御されたの neuroblastoma の開発で必要かもしれ、 Tiam1 が neuroblastoma の処置の有効性の改善を助けることができるターゲットとして置かれることを提案します。

次のステップは影響される子供のより早い処置の実行のために診断のツールそしてプロシージャを改善する臨床方法にこれらの調査を組み込むことです。

ソース: http://www.ehu.eus/en/en-content/-/asset_publisher/l57S/content/n20170517_neuroblastoma_zugaza?redirect=http%3A%2F%2Fwww.ehu.eus%2Fen%2Fen-home%3Fp_p_id%3D101_INSTANCE_eFh7%26p_p_lifecycle%3D0%26p_p_state%3Dnormal%26p_p_mode%3Dview%26p_p_col_id%3Dcolumn-2%26p_p_col_pos%3D1%26p_p_col_count%3D3

Advertisement