Cannabinoid の受容器

先生によって Ananya Mandal、 MD

Cannabinoids は現在の cannabinoid の受容器によって相互作用によって中枢神経系の異なった部分のセルの表面に対する効果を出します。

今まで、 2 つのタイプだけの cannabinoid の受容器、 1990 年にクローンとして作られたおよび 1993 年にクローンとして作られた CB2 受容器識別されました CB1 受容器。 これら二つの受容器は 48% のアミノ酸シーケンス識別だけを共有し、異なったティッシュで配られ、そしてまた異なった信号を送るメカニズムを備えています。 それらはまたアゴニストおよび反対者に感度で異なります。 調査は cannabinoid の受容器のアクティブ化が循環 AMP (キャンプ) への ATP の変換を停止する adenylate の cyclase の阻止の原因となることを示します。

頭脳内の自然発生する物質は CB1 への縛りが 1992 年に検出された anandamide を呼出しました。 後で検出された他 endocannabinoids とおよびこの cannabinoid そっくりの化学薬品は、言われます。

受容器の位置

CB1 受容器

CB1 受容器は頭脳で神経細胞、脊髄で本質的に取付けられますが、また生殖の、胃腸および尿道の脾臓、白血球、内分泌腺および部分のようなある周辺器官そしてティッシュにあります。

頭脳では、 CB1 受容器はで豊富なぜ処理するメモリのような cannabinoids の影響関数の背面の一次輸入性の脊髄領域のおよび小脳、大脳基底核、海馬苦痛の規則および運動制御です。 脳幹では、関連しているインド大麻の使用が落ち込んだ呼吸による急死となぜと関連付けられないかかもしれない cannabinoids の集中は低いです例えば。

CB2 受容器

CB2 受容器は白血球に、扁桃腺にそして脾臓に主にあります。 免疫細胞はまた CB2 よりそれらの少数があるが、 CB1 を表現します。 免疫組織では、 cannabinoid の受容器の 1 つの重要な機能は cytokine リリースの規則です。 CB1 受容器の刺激は CB2 受容器が作動するときそのような効果は見られないが、精神および循環に対するマリファナそっくりの効果を作り出します。 従って、選択的な CB2 受容器のアゴニストは潜在的な炎症抑制および抗癌性の効果のための研究のなったますます普及した主題を備えています。

サリー Robertson 著見直される、 BSc

ソース

  1. http://www.rollersports.org/public/pagein/File/FACT%20SHEET%20-%20Cannabinoids.pdf
  2. http://adai.uw.edu/marijuana/factsheets/cannabinoids.pdf
  3. http://www.currentpsychiatry.com/pdf/1009/1009CP_Pierre.pdf
  4. http://www.i-gap.info/app/dokumente/Pharmacology%20of%20Cannabinoids.pdf
  5. http://www.aerzteblatt.de/pdf/DI/109/29/m495.pdf

[深い読み: Cannabinoid]

Last Updated: Jun 2, 2014

Advertisement

Comments

  1. NotJames Cunningham NotJames Cunningham United States says:

    What psychological behaviors and effects are these cannabinoid receptors responsible for? And what natural functions and behaviors we may experience everyday effected by them?

    • Little Cutting Little Cutting Sweden says:

      It feels like my brain speeding up in activity in the beginning of the high.

      My thinking is flying and gives me lot of ideas in a high tempo.
      After some time I just get calm.

      Most of the times is the thoughts that is flying great feeling thoughts.

      So I think the cannabinoid receptors somehow regulates the frequency of some parts of the brain.

      • Miriam English Miriam English Australia says:

        Because the brain is the organ trying to measure itself, subjective impressions of the speed of thinking can be very wrong. For example if the sense of time is conveyed by the length of time something is kept in short-term memory then impairing short-term memory can make it feel like your thoughts are moving faster when they are really having more difficulty keeping track of previous items in the time stream.

        Time sense is notoriously unreliable. Time yourself counting, trying judge ten seconds when you're excited, and again when you're bored, and again a couple of minutes after you've woken up from sleep. You'll be surprised at how differently time moves, yet in each of those it subjectively feels like it moves the same.

        Watch a wheel spinning, and turn the light illuminating the scene down -- the wheel will seem to speed up.

        Listen to a song while it plays loudly, then turn the volume way down -- the song will seem to speed up.

        Time sense in the brain is very unreliable, and often doesn't mean what you think it does.

The opinions expressed here are the views of the writer and do not necessarily reflect the views and opinions of News-Medical.Net.
Post a new comment
Post