糖尿病の危険率

糖尿病は損なわれたブドウ糖の規則によって引き起こされるタイプの病気です。 異なったタイプの糖尿病にそれぞれ異なった準の危険率があります。 これらの要因への調査は糖尿病の危険を減らすために新しいアプローチを開発に知らせることができるので重要です。

画像著作権: ratmaner/Shutterstock

糖尿病の 2 つの主なタイプがあります: タイプ 1 およびタイプ 2。 これらの異なったタイプ影響の異なった人々に異なった危険率があり。 タイプ 1 はタイプ 2 発生が年齢と増加する一方、主に子供に影響を与えます。 タイプ 2 はまたタイプ 2 の糖尿病を持っている糖尿病の被害者の 90% にと大いに共通、です。

多数の対照的な特性を持っている糖尿病のこれらの形式にもかかわらず血のブドウ糖のレベルの損なわれた規則に両方賦課金です。 ブドウ糖は頭脳にボディのすべてのセルにエネルギーを、特に提供します。

高いブドウ糖の血レベルを検出次第、インシュリンは膵臓によって解放され、より低い血ブドウ糖のレベルに終ってセルによって、保存されるか、または使用されるようにこれらの砂糖がします。 ただし、このプロセスは血のブドウ糖の集結の原因となる糖尿病を持つ個人で禁じられます。

対照的なタイプの糖尿病はまた対比の原因があると考えられます。 タイプ 1 の原因はまだ十分に理解されなくが、インシュリンの欠乏に終ってボディの免疫細胞がインシュリンを破壊することがセルを作り出します、考えられ。 逆に、タイプ 2 は膵臓によって作り出されるあらゆるインシュリン血の砂糖のレベルを下げることができないことを意味するインシュリンへの抵抗によって引き起こされます。

全体的にみて、糖尿病を持つ人々は渇きを高め、頻繁に排尿する必要があり、重量を説明できないほど失い、そして尿でケトンを持っています。

タイプ 1 の糖尿病のための危険率

十分に理解されないタイプ 1 の糖尿病の原因にもかかわらず複数の危険率は識別されました。 これらの危険率の第一号は家系歴です。 影響を受けた家族に 6 つのフォールドを示してもらう人々は糖尿病を開発する危険を高めました。

危険率のもう一つのクラスは環境条件です。 例えば、タイプ 1 の糖尿病のあるケースはウイルス感染が原因です。

第 3 タイプの危険率は autoantibodies の存在です。 これらの抗体は膵臓の細胞傷害に終って個人の自身のセルを、目標とします。 最後に、地理学は糖尿病発生にかかわるよくあるファクタです。 例えば、ある特定の国の人々に、フィンランドおよびスウェーデンのような、タイプ 1 の糖尿病の大いに高い流行があります。

タイプ 2 の糖尿病のための危険率

タイプ 2 の糖尿病のための多くの危険率がありますが、最も重要のの 1 つは肥満です。 脂肪組織の沈殿物が造り上げるように、糖尿病に終るインシュリンの増加への細胞抵抗。 悪い食事療法がある人々は、少しだけ練習をし、従って生きている坐った生命に成長の糖尿病の非常に危険度が高いのがあります。

米国の幼年期の肥満のレベルを増加することはタイプ 2 の糖尿病の顕著な増加の原因となりました。 糖尿病のこの形式が老化する中間の肥満のハイレベルによる大人に主にあるにもかかわらず。

140/90 上のレベルの高血圧は、低いコレステロールおよび高いトリグリセリドの血レベルに加えてまた頻繁に、糖尿病発生を排除します。

タイプ 1 と同じように、タイプ 2 の糖尿病にかかわる大きい危険率がまたある、家系歴。 さらに、ある特定の人口は成長の糖尿病に自然により傾向があります。 例えば、アジア系アメリカ人、ヒスパニックおよび黒人は糖尿病を持っていることの危険がある状態に 4 倍までより多くの時です。

最後に、他の条件は糖尿病の危険性を高めることができます。 例えば、前に心臓発作か打撃があってしまった個人。 さらに、精神分裂症患者、両極はおよび不況の個人大いに本当らしいです polycystic 卵巣シンドロームの糖尿病、また女性を得るために。

糖尿病を開発する危険を管理します

タイプ 1 の糖尿病は危険が修正することができない遺伝の危険率および環境要因と主に関連付けられると同時に防ぐことができません。 ただし、個人は減量、高められた練習によって食餌療法の変更タイプ 2 の糖尿病を開発する彼らの危険を下げ。

ソース:

[深い読み: 糖尿病]

Last Updated: Aug 23, 2018

Hannah Simmons

Written by

Hannah Simmons

Hannah is currently undertaking a Masters in Biomedical Science by Research, following a First Class (Hons) degree in Biomedical Science from Lancaster University. Throughout her experience as a freelance article writer, Hannah has written about many different life science topics. However, she is particularly interested in Alzheimer’s disease, a condition characterised by memory loss, neuronal cell death and protein depositions within the brain.

Advertisement

Comments

The opinions expressed here are the views of the writer and do not necessarily reflect the views and opinions of News-Medical.Net.
Post a new comment
Post