ニコチンの毒物学

先生によって Ananya Mandal、 MD

ニコチンは非常に有毒な化学薬品です。 ラットで、 1 kg あたり 50 mg の線量は中央致死量が kg の重量ごとのおよそ 3 mg のマウスで致命的な、間。 人間では、中央致死量は一般の人間の 0.5 から 1.0 mg/kg または 40 から 60 mg です。

この低い致死量はニコチンをマウスで 1 kg あたり 95.1 mg の中央致死量があるコカインのようなアルカロイドを含む他の多くの混合物より有毒にさせます。

ニコチンの過剰摂取

高い毒性にもかかわらず、人はニコチンで物質を煙らすことによってちょうど過剰摂取できません。 しかし過量は人が余りにも多くのニコチンパッチを使用するか、またはたくさんのニコチンのゴムかかみ砕くタバコ、またたばこを吸うことかみ砕けば発生できます。

ニコチンが皮を通して血流に容易に吸収することができると同時に、ニコチンの非常に高い濃度が皮でこぼれれば、これは毒性および死の原因となる場合があります。

発癌物質としてニコチン

煙ることおよび癌間の連合は多数の調査に長年かけて確立されてしまいました。 ただし、ニコチンはタバコでエージェントを引き起こす癌によりとしてまだはっきり識別されないし、発癌物質としてまだ公式にリストされていません。

サポートする確かな証拠がないがそのニコチンは発癌物質です、物質の発癌性潜在性はさまざまな動物で示され、細胞培養は最後の 10 年にわたって調査します。

マップのキナーゼがニコチンによってが作動し、腸癌の adrenergic 信号を送を高め、そして apoptosis かプログラムされた細胞死を破壊することが示されていました。 この細胞死はセルの実際に損なわれるか、または突然変異を経たボディを取り除きます。

apoptosis の減損は意味しま、損なわれたおよび変えられたセルを残しなさいことを成長するために癌のためのパスを作成します。 ニコチンはまた腫瘍を助けることができるかどれが存続し、育つために新しい血管の angiogensis か形成を促進するために示されていました。

サリー Robertson 著見直される、 BSc

ソース

  1. http://www.hnehealth.nsw.gov.au/__data/assets/pdf_file/0016/39040/DOH_nicotine_fact_sheet.pdf
  2. http://www.who.int/tobacco/publications/gender/en_tfi_gender_women_addiction_nicotine.pdf
  3. http://cancercontrol.cancer.gov/brp/tcrb/monographs/2/m2_4.pdf
  4. http://tobacco.health.usyd.edu.au/assets/pdfs/tobacco-industry/atrens.pdf
  5. http://teens.drugabuse.gov/sites/default/files/TG-Nicotine.pdf

[深い読み: ニコチン]

Last Updated: Dec 2, 2013

Advertisement

Comments

  1. Hans Schmidt Hans Schmidt Germany says:

    There is new information regarding the lethal dose of nicotine.
    Bernd Mayer. "How much nicotine kills a human? Tracing back the generally accepted lethal dose to dubious self‐experiments in the nineteenth century." Archives of Toxicology. Oct. 2013. DOI 10.1007/s00204-013-1127-0
    http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs00204-013-1127-0#page-1
    Prof. Mayer recommends updating nicotine's lethal dose to between 0.5 and 1 gram for the average person, approximately 15 times the previous value.

The opinions expressed here are the views of the writer and do not necessarily reflect the views and opinions of News-Medical.Net.
Post a new comment
Post