レプチンは何をしますか。

レプチンは食欲、滋養分および体重の規則で重要なセル信号を送るホルモンです。 調査はボディまたはレプチンの抵抗のレプチンの不在が自由な挿入および体重増加の原因となる場合があることを示しました。

レプチンのメカニズムそして処置

レプチンはボディの脂肪組織のサイズを調整するホルモンとして機能します。 それは滋養分および体重を調整します。 レプチンはまた視床下部の特定の受容器で counteractive および stimulatory メカニズムを通して食欲を禁じるために機能します:

  • レプチンは neuropeptide Y と呼出される腸で解放される挿入の興奮剤の効果、また食欲を刺激する adandamide と呼出される cannabinoid の神経伝達物質の効果を妨害します。
  • レプチンはまたαメラニン細胞刺激的なホルモンと呼出される食欲抑制剤の統合を促進します

脂肪質の大容量が減るとき、血しょうレプチンのレベルは脂肪質の大容量が回復まで食欲が刺激されるように落ちます。 また体温に減少があり、エネルギー支出は抑制されます。 対照によって、脂肪質の多く増加、従ってするときレプチンのレベルはおよび食欲は減量が発生するまで抑制されます。 このようにレプチンは重量が比較的狭い範囲の内で維持されるようにエネルギー取入口および脂肪記憶装置を調整します。

レプチンはまた思春期の手始めを調整し、調整することの重要な役割を担います。 思春期に達するために例えば栄養不良および薄い女性はより重い女の子より時間がかかります。 薄い女の子は頻繁に排卵するか、または月経のサイクルの間に卵巣から卵を解放し損います。 従って生殖成長および脂肪質の記憶装置は再生の規則で重要です。

研究者はレプチンがレプチンの不在の個人として思春期の手始めの程度に役割を少なくとも担うかまたはレプチンへの応答の欠乏が思春期を経験しないことを、確認します生命の間思春期前に残っていて彼らのボディが。

ソース

  1. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1038/oby.2009.228/pdf
  2. http://labs.mcdb.lsa.umich.edu/labs/denver/files/publications/Neuroendocrinology%202011.pdf
  3. http://li123-4.members.linode.com/files/The%20Function%20of%20Leptin%20in%20Nutrition,%20Weight,%20and%20Physiology.pdf
  4. http://physiology.elte.hu/gyakorlat/cikkek/Leptin%20gut%20and%20food%20intake.pdf
  5. http://legacy.lakeforest.edu/images/userImages/eukaryon/Page_7943/20_R_Pospiech.pdf
  6. http://www.nhs.uk/news/2007/August/Pages/Ishormonethekeytodesireforfood.aspx

[深い読み: レプチン]

Last Updated: Aug 23, 2018

Ananya Mandal

Written by

Ananya Mandal

Ananya is a doctor by profession, lecturer by vocation and a medical writer by passion. She specialized in Clinical Pharmacology after her bachelor's (MBBS). For her, health communication is not just writing complicated reviews for professionals but making medical knowledge understandable and available to the general public as well.

Advertisement

Comments

The opinions expressed here are the views of the writer and do not necessarily reflect the views and opinions of News-Medical.Net.
Post a new comment
Post