メラニンは何ですか。

メラニンはアミノ酸のチロシンから得られる複雑なポリマーです。 メラニンは人口が太陽 -- に歴史的にさらされたかどの位によって皮および毛カラーを定めるために責任があり、さまざまなレベルに皮に、あります。

メラニンの統合

多数のステップはメラニンの生合成にかかわります。 第一歩はチロシナーゼによって化学薬品 L-3,4-dihydroxyphenylalanine の触媒作用行います。 チロシンの欠乏は白化の原因となる場合があります。 チロシンはだけにメラニンの顔料の小さい微粒が melanosomes と呼出される小胞で含まれているメラニン細胞と呼出される専門にされたセルあります。

これらの melanosomes はメラニン細胞を去り、表皮の他のセルに移動します。 カラー、メラニンの沈殿物で大抵茶色か黒い melanosomes の番号そして分布によって変わる皮の顔料を定めて下さい。 皮膚色の決定は別として、軽い吸収性のメラニンは太陽から紫外線放射から DNA を保護し、それはメラノーマの処置の潜在的な候補として考慮されます。

メラニンは人体の何人か領域にを含むあります:

  • それが皮膚色を提供するところ皮
  • 目の生徒かアイリス
  • 中耳の Stria の vascularis
  • 頭脳、 substantia の nigra および位置の coeruleus の領域
  • 副腎の髄質および zona の reticularis

タイプのメラニン

異なったタイプのメラニンの一部は eumelanin、 pheomelanin および neuromelanin を含んでいます。 Eumelanin はニップルのまわりの毛、皮および暗闇領域にあります。 それは黒い人口間で特に豊富で、毛、皮および目に黒いおよび茶色の顔料を提供します。

eumelanin が少量にだけ時、毛はブロンドであるかもしれません。

Pheomelanin はまた毛および皮にあります。 このタイプのメラニンはピンクおよび赤いカラーを提供し、赤毛の個人間で見つけられる主要な顔料です。 このタイプのメラニンは eumelanin 紫外線放射線誘発癌に対して同様に保護ではないです。

Neuromelanin は頭脳の異なった領域で見つけられるメラニンの形式であり、このメラニンの損失により複数の神経学的な無秩序を引き起こすかもしれません。

ソース

  1. http://www.gematria-test-lab.com/pdf/theimportant [1] .pdf
  2. http://www.bidii.co.uk/pdfs/ArticleD4_MelaninInTheBody.pdf
  3. http://health-equity.pitt.edu/568/1/Yerger,_Malone_-_Melanin_Article.pdf
  4. http://am.ascb.org/files/Bioeducate/FawcettTheCellChapter11.pdf
  5. http://journal.scconline.org/pdf/cc1968/cc019n09/p00565-p00580.pdf
  6. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1357272597000137

[深い読み: メラニン]

Last Updated: Feb 27, 2019

Ananya Mandal

Written by

Ananya Mandal

Ananya is a doctor by profession, lecturer by vocation and a medical writer by passion. She specialized in Clinical Pharmacology after her bachelor's (MBBS). For her, health communication is not just writing complicated reviews for professionals but making medical knowledge understandable and available to the general public as well.

Advertisement

Comments

The opinions expressed here are the views of the writer and do not necessarily reflect the views and opinions of News-Medical.Net.
Comments are closed