Anabolism は何ですか。

Anabolism はボディが複雑な分子を総合するために異化によって解放されるエネルギーを利用するプロセスです。 これらの複雑な分子がそれからブロックとして機能する小さく、簡単な前駆物質から形作られる細胞構造を形作るのに利用されています。

anabolism の段階

anabolism の 3 つの基本的な段階があります。

  • 段階 1 はアミノ酸、単糖類、 isoprenoids およびヌクレオチドのような前駆物質の生産を含みます。
  • 段階 2 は ATP からのエネルギーを使用して反応形式にこれらの前駆物質のアクティブ化を含みます
  • 段階 3 は蛋白質、多糖類、脂質および核酸のような複雑な分子にこれらの前駆物質のアセンブリを含みます。

同化プロセスのためのエネルギー源

有機体の異なった種類は異なったエネルギー源によって決まります。 プラントのような Autotrophs はエネルギーとして日光を使用して二酸化炭素および水のような簡単な分子からの多糖類そして蛋白質のようなセルの複雑な有機性分子を組み立てることができます。

Heterotrophs は、一方では、これらの複雑な分子を作り出すようにより複雑な物質のソースが、単糖類およびアミノ酸のような、要求します。 chemoautotrophs および chemoheterotrophs が無機酸化反作用からのエネルギーを得る間、 Photoautotrophs および photoheterotrophs はライトからのエネルギーを得ます。

炭水化物の Anabolism

これらのステップで簡単なブドウ糖のような単糖類に有機酸が変換され、次に澱粉のような多糖類をアセンブルするのに使用することができます。 ブドウ糖はピルボン酸塩、乳酸塩、グリセロール、 glycerate の 3 隣酸塩からなされ、アミノ酸およびプロセスはぶどう糖新生と呼出されます。 ぶどう糖新生は多数が解糖作用と共有される一連の中間物を通してブドウ糖 6 隣酸塩にピルボン酸塩を変換します。

脂肪組織として保存される通常脂肪酸はぶどう糖新生によるブドウ糖にこれらの有機体がピルボン酸塩にアセチル CoA を変換できないので変換することができません。 これは長期飢餓があるとき理由なぜ、人間であり、他の動物は脂肪酸を新陳代謝できない頭脳のようなティッシュのブドウ糖を取り替えるために脂肪酸からケトンボディを作り出す必要があります。

プラントおよび細菌はブドウ糖に脂肪酸を変換でき、クエン酸回路の脱カルボキシル化のステップをバイパスし、 oxaloacetate にアセチル CoA の変形を可能にするグリオキシル酸のサイクルを利用します。 このブドウ糖から形作られます。

Glycans および多糖類は簡単な砂糖の複合体です。 これらの付加は反応砂糖隣酸塩提供者から glycosyltransferase によって成長する多糖類で可能に、アクセプターのヒドロキシルグループへのウリジンの二リン酸塩のブドウ糖 (UDP ブドウ糖) のような、なります。 基板のリングのヒドロキシルグループはアクセプターであり、こうして作り出される多糖類はまたはブランチされた構造まっすぐに持つことができます。 これらの多糖類は oligosaccharyltransferases と呼出される酵素によって脂質および蛋白質に従って形作られて転送されるかもしれません。

蛋白質の Anabolism

蛋白質はアミノ酸の形作られます。 ほとんどの有機体は 20 共通のアミノ酸の一部を総合できます。 ほとんどの細菌およびプラントは 20 をすべて総合できますほ乳類は 10 非本質的なアミノ酸だけ総合できます。

アミノ酸はペプチド結合によって鎖でポリペプチドの鎖を形作るために一緒に結合されます。 各々の別の蛋白質にアミノ酸の残余の一義的なシーケンスがあります: これは一次構造です。 ポリペプチドの鎖は修正、折りたたみおよび最終的な蛋白質を形作るために構造変化を経ます。

ヌクレオチドは多量の新陳代謝エネルギーを必要とするパスのアミノ酸、二酸化炭素およびギ酸からなされます。

プリンはヌクレオシド (リボースに接続するベース) として総合されます。 例えばアデニンおよびグアニンはアミノ酸グリシン、グルタミンおよびアスパラギン酸からの原子を使用して総合される、また蟻酸塩なされます前駆物質のヌクレオシドのイノシンの補酵素の tetrahydrofolate から転送される一リン酸塩から。

ピリミジンは、チミンおよびチトジンのようなグルタミンおよびアスパラギン酸塩から形作られる基礎 orotate から、総合されます。

脂肪酸の Anabolism

脂肪酸はアセチル CoA 単位を重合させ、減らす脂肪酸のシンターゼを使用して総合されます。 これらの脂肪酸は actyl のグループを追加し、アルコールにそれを減らし、アルケングループに水分を取り除き、そしてアルカングループに再度減らす反作用のサイクルによって伸びるアシル鎖を含んでいます。

動物および菌類では、これらの脂肪酸のシンターゼの反作用はすべて単一の多機能のタイプ I 蛋白質によって遂行されます。 プラントでは、プラスミッドおよび細菌の別のタイプ II の酵素はパスで各ステップを行います。

テルペンおよび isoprenoids のような他の脂質はカロチノイドを含み、プラント天然産物の最も大きいクラスを形作ります。 これらの混合物は反応前駆物質の isopentenyl のピロリン酸塩および dimethylallyl のピロリン酸塩から寄付されるイソプレンの単位のアセンブリそして修正によってなされます。 動物および archaea では、 mevalonate のパスはアセチル CoA からこれらの混合物を作り出します。

ソース

  1. http://www.elmhurst.edu/~chm/vchembook/592energy.html
  2. http://www.nature.com/scitable/topicpage/dynamic-adaptation-of-nutrient-utilization-in-humans-14232807
  3. http://www.nature.com/scitable/topicpage/nutrient-utilization-in-humans-metabolism-pathways-14234029
  4. http://www.soundformulas.com/page9.html
  5. http://cronus.uwindsor.ca/units/biochem/web/biochemi.nsf/18e8732806421826852569830050331b/7a371e9af805f74e85256a4f00538021/$FILE/Energy%20metabolism.pdf
[深い読み: 新陳代謝]

Last Updated: Aug 23, 2018

Ananya Mandal

Written by

Ananya Mandal

Ananya is a doctor by profession, lecturer by vocation and a medical writer by passion. She specialized in Clinical Pharmacology after her bachelor's (MBBS). For her, health communication is not just writing complicated reviews for professionals but making medical knowledge understandable and available to the general public as well.

Comments

  1. Natalia Kelly Natalia Kelly United Kingdom says:

    Nucleotides are not made from amino acids, carbon dioxide and the formic acid.

  2. Rsatha Handika Rsatha Handika Indonesia says:

    good

The opinions expressed here are the views of the writer and do not necessarily reflect the views and opinions of News-Medical.Net.
Post a new comment
Post