研究者は、人間の目の進化に関して具体的な証拠を提供する

ダーウィンの懐疑論者は彼の進化論を攻撃するとき、彼らはしばしば目に焦点を当てる。ダーウィン自身は、それが人間の目は、"極端な完璧と合併症の臓器が"自然突然変異と自然淘汰を通して進化したことを提案する"不条理"だと告白した。しかし、彼はまた、"シンプルかつ不完全な眼から一複雑で完璧なまで数多くの階調が存在することが示されることができれば、"この困難を克服する必要があると考えた。

の科学者、欧州分子生物学研究所[EMBL]現在科学ジャーナルで今週発表された進化の研究では、ダーウィンの大きな課題に取り組んでいる。彼らは人間の目の進化の起源を解明した。

デトレフアーレントとJochen Wittbrodtの研究室の研究者は、彼らが最初に脳に位置していた光感受性細胞の古代の人口から来た私たちの目のlightsensitive細胞、ロッドとコーンが、予想外の進化の起源であることを発見した。

"それは人間の目の細胞は脳から来ることは驚くべきことではない。我々はまだ光を検出し、活動の私たちの日常のリズムに影響を与える今日の私たちの脳内光感受性細胞を持っている、"Wittbrodtは説明しています。 "かなり可能性、人間の目は、脳内光感受性細胞に由来しています。以降でのみ進化におけるこのような脳細胞が目に移転し、ビジョンを付与する可能性を得ているだろう。"

rhabdomericと毛様体:科学者はlightsensitive細胞の2種類が私たちの初期の動物の祖先に存在していたことを発見した。ほとんどの動物では、rhabdomeric細胞が眼の一部となり、線毛細胞が脳に埋め込まれたまま。しかし、人間の眼の進化は、それが最終的には網膜の桿状体と円錐体を生じさせたのビジョンのために募集された毛様細胞である独特です。

それでは、どのようEMBLの研究者は最終的に眼の進化をたどるのですか?

研究することによって"生きた化石を、"Platynereis dumerilii、まだ6億年前まで住んでいた初期の祖先に似マリンワーム。アーレントは、研究者Adriaan Dorresteijnが撮影したこのワームの脳[マインツ、ドイツの大学]の写真を見ていた。 "私はこれらの写真を見たとき、私はワームの脳内の細胞の形状は人間の目でロッドとコーンに似ていることに気づいた。私はすぐにこれらの光感受性細胞の両方が同じ進化の起源を持つこともできるという考え方に興味をそそられた。"

"分子の指紋" - この仮説をテストするには、アーレントとWittbrodtは、今日の進化生物学者のための新しいツールを使用していました。このような指紋は、特定のセル内で発見された分子のユニークな組み合わせです。彼は、種間の細胞は分子の指紋が一致している場合、細胞は共通の祖先の細胞を共有することは非常に可能性が高いことを説明する。

科学者クリスティンTessmar - Raibleは、アーレントの仮説を支持する決定的な証拠を提供した。 EMBLの研究者ハイジSnymanの助けを借りて、彼女はワームの脳内の細胞の分子の指紋を決定する。彼女は驚くほど脊椎動物のロッドとコーンのオプシンに似たワームで、オプシン、光感受性分子を発見した。 "私はPlaytnereisの脳の細胞に積極的にこの脊椎動物型の分子を見たとき - それは、これらの細胞と脊椎動物のロッドとコーンは、分子の指紋を共有していることは明らかでした、これは一般的な進化の起源の具体的な証拠である我々は最終的にのいずれかを解決した。。人間の目の進化における大きな謎。"

Advertisement