年齢 11 の前の性質の演劇は大人の環境の感謝を促進します

ほしければ実行中にまで育つ子供は環境を 11 歳である前に、与えますそれらに 「野生で」遊ぶ沢山の時間を、提案します新しいコーネル大学の調査を気遣います。

「飼いならされた性質の作業が -- 園芸を気遣うこと -- また持っています積極的な関係に大人環境態度、彼等の効果ありますない同様に強い加わりに野生性質作業のようなキャンプし、遊びで森、ハイキングし、コルネルの人間生態学の大学のデザインそして環境解析の歩く、採取し、ハンチングを起します」、言いましたナンシー Wells 環境の心理学者を、助教授。

Wells および Kristi Lekies のコルネルの人間の開発、幼年期の性質の経験および大人の環境保護を探索した 1998 年に行なわれる林野部の調査米国の農務省からの分析されたデータの研究教授。 コルネルの研究者は 2,000 人以上の大人、国全体の都会におよび環境に関して幼児期の性質の経験についての答えられた電話質問および現在の大人の態度および動作住んでいた年齢 18 に 90 のサンプルを使用しました。

調査結果は子供、青年および環境 (Vol. 16 の次の問題で出版されます: 1)。

「年齢 11 が成年期の両方の環境の態度そして動作の形成の方に特に有効なパスである前に野生の性質の作業に参加する」、はことを私達の調査言いました子供の認識作用に重点を置き、後押しするためにホームのまわりの性質は生命から子供の保護を助けることができることが前の調査が分った Wells を示します。

「子供が若い年齢で自然な世界と偽りなく実行されるようになるとき、経験は強力な方法でそれらととどまるためにが本当らしいです -- それに続く環境の経路を形づけます」と彼女は付け加えました。

興味深いことに、環境の教育プログラムの偵察者か他の形式に参加は環境の方に大人の態度に対する効果をもたらしませんでした。

「自由に実際のところ遊ぶために」 Wells が言ったと必須である性質関連の作業に参加して明らかに他提起される要求か気晴らしがないし、長期環境保護に影響を及ぼすことで特に重大かもしれないと同じ効果をもたらさないで下さい。

大人の環境主義者の幼年期の経験の効果を見た前の調査とは違って、この調査は都市大人の広い典型を見ました。 環境保護への個人のパスの検査によって、調査はまた 「生命コース」の見通し、一緒に物語を告げる弾道織り交ぜられたパスのセットとしてまたはが個々の生命を見るすなわち、眺めを取りました。

Advertisement