緑茶は慢性関節リウマチの苦痛をなだめるかもしれません

最新の研究に従って緑茶の混合物は慢性関節リウマチを人々に治療上の利点に与えるかもしれません。

健康システムミシガン州立大学の研究者による新しい調査ではそれはこと慢性関節リウマチの人々の発火そして接合箇所の損傷に貢献する免疫組織の複数の分子の生産禁じられる epigallocatechin 3 没食子酸塩 (EGCG) と呼出される混合物提案されます。

Salah-uddin アーメド鉛の研究者は新しい調査が実験室で行なわれ、調査結果が予備の段階にあることを言います。

調査は接合箇所のカプセルを囲むティッシュのライニングを形作る慢性関節リウマチの患者の接合箇所からの synovial 繊維芽細胞と呼出されたセルを隔離しているアーメドを伴ないました。

セルは EGCG -- にそして培養され、さらされました; セルはベータ慢性関節リウマチで共同劣化を引き起こすことで器械であるために知られている IL-1B か cytokine の interleukinと呼出された免疫組織の蛋白質とそれから刺激されました。

アーメドのチームはより早い調査で EGCG と前処理をされ、次に cytokine IL-1B と刺激された繊維芽細胞が有害な蛋白質および酵素を作り出す IL-1B の能力を妨げられたよりよくと見つけました。

研究者はまた EGCG がかなり 2 分子を妨げ、またプロスタグランジン E2 の生産を妨げたと、共同発火を引き起こすことができる別の混合物先に見つけてしまいました。

専門家はアーメドが研究慢性関節リウマチおよび緑茶に焦点を合わせるべき第 1 の 1 才である結果が緑茶はある特定の自己免疫疾患から保護を助けるかもしれないことを提案した他の研究をサポートすることを言い。

彼らはそれの上の研究くまが慢性関節リウマチの患者のためのよいニュースであるかどうか言いま、彼らの苦痛の制御を助けるようにそれらに非薬剤オプションを提供します。

アーメドは多くの医療補助および知られていた副作用をもたらさないことを知っているのでそれが慢性関節リウマチの患者に緑茶を飲む緑茶を、飲むように助言するには余りにも早い確かに傷つかないけれども言います。

アーメドは血レベルをより一定した保つために人々が 1 日あたりの緑茶の 3 個か 4 個の 8 オンスのコップを飲むことを試みるかもしれませんことを言います。

関節炎の基礎に従って 2.1 百万人のアメリカ人多数は慢性関節リウマチに苦しみます。

Advertisement